マーク・バレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーク・バレー
Mark Valley
マーク・バレーMark Valley
2010年撮影
生年月日 1964年12月24日(49歳)
出生地 ニューヨーク州オグゼンズバーグ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

マーク・バレー(Mark Valley、1964年12月24日-)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州オグゼンズバーグ生まれの俳優。

来歴[編集]

出演作品[編集]

映画[編集]

作品 役名 備考
1993 愛の果てに
The Innocent
トンネル技術者
1997 ブレストマン 豊胸外科医
Breast Men
研修医
1998 サム・ガール
Some Girl
警察官
マーシャル・ロー
The Siege
FBI捜査官マイク・ヨハンソン
2000 2番目に幸せなこと
The Next Best Thing
心臓外科医
Jericho Jericho
2001 Big Time Chazz
2007 Live! Blair
シュレック3
Shrek the Third
サイクロプス 声優として

テレビドラマ[編集]

作品 役名 備考
1993 Another World Father Pete
1994 Vanishing Son IV Adams
1994–1997 デイズ・オブ・アワ・ライブス
Days of our Lives
Jack Deverau
1997 George Wallace Bobby Kennedy
1999 Brimstone Barry Ceneazo
2000 Dr.マーク・スローン
Diagnosis: Murder
ポール・デヴィス
Running Mates Dick Tracy
2000–2001 Once and Again Will Gluck
2000–2003 ER緊急救命室
ER
リチャード・ロックハート(アビーの元夫)
2001 CSI:科学捜査班
CSI: Crime Scene Investigation
ジャック・ウィリアム
The Lone Gunmen Henry Farst
Gideon's Crossing Mark Epperson
2001–2002 Pasadena Robert Greeley
2002 スピン・シティ
Spin City
ジョゼフ
2003–2004 Keen Eddie Detective Eddie Arlette 2003年のティーン・チョイス・アワード にノミネート
2004 Harry Green and Eugene Harry Green
4400 未知からの生還者
The 4400
ウォーレン・ライテル
I'm with Her Jack Campbell
2004–2007 ボストン・リーガル
Boston Legal
ブラッド・チェイス
2006–2008 エミリーの恋愛バイブル
Emily's Reasons Why Not
リース・キャラハン
2007 Business Class Matt
LAW & ORDER:性犯罪特捜班
Law & Order: Special Victims Unit
ジェイク・キーガン
2008 Swingtown Brad Davis
2008–2009 フリンジ
Fringe
ジョン・スコット
2010–2011 ヒューマン・ターゲット
Human Target
クリストファー・チャンス

外部リンク[編集]

マーク・バレー - インターネット・ムービー・データベース(英語)