マーク・ティーエン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーク・ティーエン
Mark Teahen
フリーエージェント(FA)
20110805-0921 Mark Teahen.jpg
ブルージェイズ時代(2011年8月5日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カナダの旗 カナダ[1]
出身地 アメリカ合衆国の旗 カリフォルニア州レッドランズ
生年月日 1981年9月6日(33歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 三塁手一塁手外野手
プロ入り 2002年 MLBドラフト1巡目(全体39位)でオークランド・アスレチックスから指名
初出場 2005年4月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム カナダの旗 カナダ
WBC 2009年

マーク・トーマス・ティーエン(Mark Thomas Teahen, 1981年9月6日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の所属のプロ野球選手内野手)。右投左打。

経歴[編集]

2002年のMLBドラフトオークランド・アスレチックスから1巡目(全体39位)で指名を受け、入団。2004年6月24日にカンザスシティ・ロイヤルズヒューストン・アストロズが絡む三角トレードで、マイク・ウッドと共にロイヤルズへ移籍[2]。ロイヤルズ移籍後は、AAA級のオマハでプレイ。

2005年開幕戦の4月4日のタイガース戦でメジャーデビュー。開幕戦のメジャーデビューは球団史上、ジョー・ゼブ1977年)、マイケル・タッカー1995年)に次いで3人目[3]。4月13日から故障者リスト入りとなったが[4]、故障から復帰した5月以降は正三塁手として出場。最終的には打率.246・7本塁打・55打点という成績を残した。

2006年は、5月4日時点で打率.195の成績でAAA級のオマハへ降格。オマハでは24試合の出場で打率.380を記録し、6月3日にメジャーに復帰[5]。復帰以降の打率は.313だったが、右肩を手術するため、9月6日の出場を最後に残りの22試合を欠場[6]

アレックス・ゴードン2007年から三塁手として出場するため、ティーエンは右翼へコンバートされた[7]。同年、自己最高の144試合に出場し、自身初の規定打席に到達。得点、安打、三塁打、盗塁は自己最高となった。

2008年は、2年ぶりに15本以上の本塁打を放ったが、打率は2005年以来自己最低の数字となった。また、三振131も自己ワーストの数字である。

2009年は、3年連続で規定打席に到達。2年連続での2ケタ本塁打を放った。また、守備面では三塁手としての試合出場が最も多く、これは2006年以来の結果である。更に、初めて二塁守備にも就いた。シーズン終了後の11月6日にクリス・ゲッツジョシュ・フィールズとのトレードでシカゴ・ホワイトソックスへ移籍し[8]、12月8日に3年総額1,400万ドルで契約延長した[9]

2010年は開幕から三塁手として起用されたが、5月30日のタンパベイ・レイズ戦で打球処理の際に右手中指を骨折。8月13日のデトロイト・タイガース戦で復帰後は主に外野手として出場したが、後半戦は32試合の出場で打率.260、1本塁打、OPS.683に終わった。

2011年7月27日にホワイトソックス、セントルイス・カージナルストロント・ブルージェイズ間での三角トレードでブルージェイズへ移籍。

2012年1月17日に1年550万ドルの契約を残したまま解雇された。2月6日ワシントン・ナショナルズとマイナー契約を結んだが、メジャーには昇格できなかった。11月27日アリゾナ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約を結んだ[10]

2013年5月20日にダイヤモンドバックスを退団。5月23日テキサス・レンジャースとマイナー契約を結んだ。しかし6月3日に放出された。その後6月17日に、アトランティックリーグヨーク・レボリューションと契約を結んだ[11]

2014年2月15日に、サンフランシスコ・ジャイアンツとマイナー契約を結んだ。[12]3月19日に放出された。

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2005 KC 130 491 447 60 110 29 4 7 168 55 7 2 2 1 40 2 1 107 13 .246 .309 .376 .685
2006 109 439 393 70 114 21 7 18 203 69 10 0 2 2 40 2 2 85 5 .290 .357 .517 .874
2007 144 608 544 78 155 31 8 7 223 60 13 5 4 2 55 8 3 127 23 .285 .353 .410 .763
2008 149 623 572 66 146 31 4 15 220 59 4 3 0 2 46 4 3 131 6 .255 .313 .402 .715
2009 144 571 524 69 142 34 1 12 214 50 8 1 2 2 37 4 6 123 11 .271 .325 .408 .734
2010 CWS 77 262 233 31 60 13 2 4 89 25 3 5 2 2 25 0 0 61 8 .258 .327 .382 .709
2011 51 130 118 11 24 3 0 3 36 11 0 1 0 0 12 1 0 28 3 .203 .277 .305 .582
TOR 27 47 42 3 8 1 0 1 12 3 0 0 1 0 4 0 0 17 0 .190 .261 .286 .547
'11計 78 177 160 14 32 4 0 4 48 14 0 1 1 0 16 1 0 45 3 .200 .273 .300 .573
通算:7年 831 3171 2873 388 759 163 26 67 1175 332 45 17 13 11 259 21 15 679 69 .264 .327 .409 .736
  • 2011年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

脚注[編集]

  1. ^ Hornby, Lance (2005年5月11日). “A closet Canuck”. 2007年6月29日閲覧。
  2. ^ Royals trade Beltran to Astros” (英語). MLB.com (2004年6月24日). 2010年2月12日閲覧。
  3. ^ Associated Press (2005年4月4日). “Young just third with 3 HRs in opener” (英語). ESPN.com. 2009年2月12日閲覧。
  4. ^ ESPN.com news services (2005年4月14日). “Looper pitch catches Biggio, but X-rays negative” (英語). ESPN.com. 2009年2月12日閲覧。
  5. ^ Kaegel, Dick (2006年6月3日). “Notes: Teahen finds his groove” (英語). MLB.com. 2010年2月12日閲覧。
  6. ^ Kaegel, Dick (2006年9月6日). “Shoulder woes end Teahen's season” (英語). MLB.com. 2010年2月12日閲覧。
  7. ^ Kansas City Royals Fantasy Preview” (英語). Sports Illustrated (2007年2月27日). 2009年2月12日閲覧。
  8. ^ White Sox acquire infielder/outfielder Mark Teahen and cash from Kansas City in exchange for infielders Chris Getz and Josh Fields” (英語). MLB.com (2009年11月6日). 2010年2月12日閲覧。
  9. ^ Levine, Bruce (2009年12月8日). “White Sox, Teahen agree to deal” (英語). ESPN.com. 2010年2月12日閲覧。
  10. ^ West Notes: Teahen, Napoli, Padres
  11. ^ Mark Teahen Signs With York Revolution
  12. ^ Teahen joins Giants on Minor League deal

外部リンク[編集]