マーク・クレイトン (1961年生のアメリカンフットボール選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーク・クレイトン

Mark Clayton  No. 83

ワイドレシーバー
生年月日:1961年4月8日(53歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス
身長:5' 9" =約175.3cm 体重:177 lb =約80.3kg
NFLデビュー
1983年マイアミ・ドルフィンズ
経歴
大学ルイビル大学
NFLドラフト1983年 / 8巡目(全体の223番目)
 所属チーム:
通算成績
(1993年までの成績)
レシーブ     582回
レシーブ獲得ヤード     8,974ヤード
タッチダウンレシーブ     84回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録
  • プロボウル選出:5回(1984年-1986年、1988年、1991年)

マーク・クレイトン(Mark Clayton 1961年4月8日- )はインディアナ州インディアナポリス出身のアメリカンフットボール選手。ポジションはワイドレシーバー。彼はダン・マリーノの好んだレシーバーであり、彼とマーク・デューパーマーク・ブラザーズと呼ばれた[1][2][3]

経歴[編集]

選手時代[編集]

ルイビル大学から[4]1983年のNFLドラフト8巡でマイアミ・ドルフィンズに指名されて入団した。

1年目の1983年にはほとんど活躍しなかったが、2年目の1984年にはこの年、5000ヤード以上を投げて、NFLのシーズンタッチダウン記録を更新する48TDを投げたダン・マリーノのエースターゲットとなり[2]、73回のキャッチで1,389ヤードを獲得、当時NFL記録となる18TDレシーブをあげた[1][5]。この記録は1987年ジェリー・ライスに破られたものの現在も歴代3位の記録となっている。1984年12月17日のダラス・カウボーイズとのマンデーナイトフットボールでは3TDをあげた[6]

1988年には自己ベストの86回のキャッチで1,129ヤードを獲得、NFLトップの14タッチダウンをあげた[5]。この年、ニューヨーク・ジェッツ戦で10キャッチ、複数TDをあげた初の選手となった[7]

1993年、1シーズンだけグリーンベイ・パッカーズでプレーし、現役を引退した。11シーズンで582回のキャッチで8,974ヤードを稼いだ。

現役引退した時点では、歴代13位のレシーブ数、14位タイのレシーブ獲得ヤード、6位のTDレシーブ数であった[5]

プロボウル1984年1985年1986年1988年1991年の5回選出されている[8]。 彼は現在もドルフィンズの通算レシーブTD記録(81)[1][8]、通算レシーブ数記録、シーズンレシーブ獲得ヤード記録を保持している。

現役引退後[編集]

2003年に元同僚のマーク・デューパーと共にドルフィンズのリング・オブ・ホナーに選ばれた。

2005年にマリーノがプロフットボール殿堂に選出されて、カントンでの表彰を記念したスピーチを行った際にも群衆の中から走り寄って、パスを捕球した[9]

記録[編集]

1984年にマリーノからあげた18TDは、シーズン中同一QBからのTD記録としては、トム・ブレイディランディ・モスが2007年に作った23TDに次いで歴代2位タイ(1994年のブレット・ファーヴスターリング・シャープとのタイ記録)

人物[編集]

彼はダン・マリーノブレット・ファーヴの2人からタッチダウンパスを受けた[5]3人のうちの1人である。残りの2人はキース・ジャクソンマーク・イングラムである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 懐かしのレジェンド集結! ~ドルフィンズ~”. NFL JAPAN (2011年7月20日). 2012年7月23日閲覧。
  2. ^ a b Matt Stein (2011年7月5日). “NFL: 50 Best Receiving Corps in League History 6. 1984 Miami Dolphins”. bleacherreport.com. 2011年8月4日閲覧。
  3. ^ Matt Stein (2011年7月5日). “NFL: 50 Best Receiving Corps in League History 9. 1986 Miami Dolphins”. bleacherreport.com. 2011年8月4日閲覧。
  4. ^ Mark Clayton College & Pro Football Statistics”. totalfootballstats.com. 2011年8月4日閲覧。
  5. ^ a b c d The 10 Best Wide Receivers Not in the Pro Football Hall of Fame”. bleacherreport.com (2009年6月21日). 2011年8月4日閲覧。
  6. ^ MNF History: 1984”. ABC (2002年8月29日). 2013年6月1日閲覧。
  7. ^ Matt Kelley (2013年11月23日). “Rishard Matthews goes from long shot to making history for Miami Dolphins”. マイアミ・ヘラルド. 2014年1月18日閲覧。
  8. ^ a b Scott Altman (2010年11月3日). “Miami Dolphins: The 100 Greatest Players in Team History”. bleacherreport.com. 2013年1月6日閲覧。
  9. ^ "One more Mark, just one more pass to my all-time favorite receiver and target."...-DAN MARINO HALL OF FAME CEREMONY INDUCTION SPEECH PRIOR TO TOSSING THE BALL PERFECTLY TO MARK CLAYTON.”. thesportslegends.com. 2011年8月4日閲覧。

外部リンク[編集]