マーク・キング (ベーシスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーク・キング
1986年カリフォルニア州サンフランシスコにて}
1986年カリフォルニア州サンフランシスコにて
基本情報
出生 1958年10月20日(55歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド ワイト島
ジャンル ジャズ・フュージョン, ポップ
職業 ベーシスト歌手
担当楽器 ヴォーカルベースベース・ギター
活動期間 1979 – Present
レーベル ポリドール
RCA
共同作業者 レベル42
著名使用楽器
JayDees Bass Guitar

{{{Influences}}}

マーク・キング(Mark King, 1958年10月20日-)はイギリスワイト島出身のベーシスト兼ヴォーカリストで、レベル42のリーダー。1980年代以降、ベースギタースラップ奏法の発展と普及に貢献している。

バイオグラフィ[編集]

出自[編集]

イングランドの南岸にある小さな島、ワイト島に生まれる。父レイモンドは酪農家。中学時代、音楽の教師に勧められてミュージシャンを志した息子に、父は10イギリスポンドのドラムセットを買い与えた。こうしてキングはそのキャリアをドラマーとして出発させた。 イギリスの雑誌やインタビューでは、マークの学生時代にワイト島で音楽フェスが行われ、それにも触発されたようだ。お父さんはワイト島で囚人担当の役人という話だった。

レベル42時代[編集]

19歳でロンドンに転居。1979年マイク・リンダップフィル・グールドローランド・チャールズ・グールド兄弟を加えレベル42を結成するも、当時はまだドラマーだった。バンドにベーシストが必要になり、21歳の時しぶしぶベーシストに転向したことは、キングの後生のキャリアからは特筆に値する。1980年代の雑誌やTVインタビューではマーク自身、19歳でロンドンの楽器屋に就職したが「募集がベーシストだったから覚えた」と言っている。21歳の頃には、スラップができるベーシストになっていたのであろう。

レベル42は、ワイト島で行われた初期のライブでインディーズレーベル主催者の目に止まり契約。翌年にはポリドール・レコードと再契約した。1981年には最初のトップ40入りシングルLove Gamesをリリースし、BBCのTV番組「トップ・オブ・ザ・ポップス」に初出演。1983年のシングルThe Sun Goes Down (Living It Up)でブレイクした。1981年にはポリス のツアーサポート、続く1986年にはスティーヴ・ウィンウッド1987年にはマドンナをサポートし、1986年にはプリンス・トラスト・チャリティー・コンサートにおいてエリック・クラプトンフィル・コリンズマーク・ノップラーエルトン・ジョンらと競演。1994年に解散。

バットマンに扮する?キング、1987年カリフォルニア州サンタクララにて

ソロとその後[編集]

1984年にファースト・ソロ・アルバムInfluencesを発表。セカンド・アルバムはバンド解散後の1998年発表のOne Manである。

1999年には未発表曲を集めた自主製作アルバムTrashをリリース。レコード会社を介さず、レベル42のサイトから注文を受け、キング自身がマッキントッシュインクジェットプリンターを用いてCDを作製し、代金17イギリスポンドでファンに通信販売した。続くライブアルバムLive At The Jazz CafeLive On The Isle of Wightも同様の手法で製作・販売を行った。ユニヴァーサルとの契約は残っているものの、2007年Retroglide LiveのDVDを初めとして、キングは自分のレーベルSummerhouse Record labelでのライブ盤製作を続けている。

1998年One Man発表とそれに続くヨーロッパ・極東ツアーを経て再び脚光を浴びる。2006年にレベル42を再結成、Trashを除けば8年ぶりとなるスタジオ録音のニューアルバム、Retroglideを発表。

プレイ・スタイル[編集]

キングは1980年代におけるベースギターのスラップ奏法の発展に寄与した。スラップ奏法は1970年代にファンク奏者のラリー・グラハムらにより始められたとされ、スタンリー・クラークマーカス・ミラーらのフュージョン奏者により発展を遂げてきた。キングは高速スラップを編み出し、ベースラインを弾きながらもパーカッシヴな効果を加えるという高度な演奏テクニックを広めた。

キングの奏法は「マシンガン・スタイル」とも呼ばれる16分音符の連奏によるもので、ポッピング・ハンマリング・スラッピング(時に左手によるスラップ)を超高速で組み合わせたものである。キングとレベル42は、1970年代から80年代にかけてのブリット・ファンク・ムーブメントに最も大きな影響を与えたアーティストと言われる。 江川ほーじん(元爆風スランプ)は、マーク・キングをライバル視していたと語っている。 演奏時に右手の親指にテーピングしているのは、1981年オランダでのツアーの際に、関節部を切ってしまったのがきっかけらしい(本人談)。最近は主にStatus Graphiteのベースを使用しており,アンプはAshdown製の自身のシグネイチャー・モデルや,最近ではT.C.Electronic製のものを使用している。

ディスコグラフィ[編集]

レベル42[編集]

アルバム[編集]

  • Influences (1984)
  • One Man (1998)
  • Trash (1999)
  • Live at the Jazz Cafe (1999) (live)
  • Live on the Isle of Wight (2000) (live)

シングル[編集]

  • "I Feel Free" (1984)
  • "Bitter Moon" (1998)

DVD[編集]

  • Mark King - One filter (1999) (live)
  • Mark King Group - Live at the Jazz Cafe (1999) (live)
  • Grupo Mark King - Live at the Isle of Wight (2000) (live)

外部リンク[編集]