マーキュリー・ヴィレジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィレジャーVillager )はフォード・モーターがかつて生産していたマーキュリーディビジョン向けのMPVである。

歴史[編集]

初代・V11型[編集]

マーキュリー・ヴィレジャー(初代)
前期型(1993年 - 1995年)
Wiki cars 078.jpg
後期型(1996年 - 1998年)
1996-1998 Mercury Villager.jpg
乗車定員 7人
ボディタイプ 4ドア ミニバン
エンジン VG30E型 3.0L V6 150ps
変速機 4速AT
駆動方式 FF
サスペンション 前:独立懸架ストラット式
後:ビームアクスル式リーフスプリング
全長 189.9 in (1993-95)
190.2 in (1996-98)
全幅 73.7 in (1993-95)
73.8 in (1996-98)
全高 67.6 in (1993-95)
67.5 in (1996-98 GS Cargo)
65.9 in (1996-98 GS)
65.6 in (1996-98 Nautica & LS)
ホイールベース 2850mm
車両重量 3,815 lbs
-自動車のスペック表-

ヴィレジャーは、日産自動車と共同開発であった。当時フォードは、マツダと共同開発をする予定であったが、マツダが、静粛性や快適性、ハンドリングに優れるFR方式(初代MPV)にこだわったため、日産と手を組むことになった。

このジョイントベンチャーは、1987年に「日産CR」として、日産が人材、フォードは開発資金を提供する形で進み、開発は日産リサーチ&デベロップメント、搭載されるV型6気筒OHC VG30Eエンジンの生産は、米国日産自動車製造(NMMC)がテネシー州スマーナ工場で行い最終組み立てはフォードのオハイオ州Avon Lake工場がそれぞれ担当した。

日産では日産クエストとして販売され、フォードではマーキュリーブランドを使用しマーキュリー・ヴィレジャーとして販売された。

クエストがGXE、XEと2グレードだったのに対し、ヴィレジャーはGS、LSグレードの他、Nautica Special Editionという高級グレードが設定されていた。 Nauticaには2トーンペイント、黄色のピンストライプ、及び専用のシートなどが装備され、メーターは専用のデジタル式となっていた。

並行輸入業者により並行輸入の形で少数が輸入されている。

1996年マイナーチェンジ。



2代目・V11型/V12型/V14型[編集]

マーキュリー・ヴィレジャー(2代目)
2ndMercuryVillager.jpg
乗車定員 7人
ボディタイプ 5ドア ミニバン
エンジン VG33E 3.3L V6 180hp
変速機 4速AT
駆動方式 FF
サスペンション 前:独立懸架ストラット式
後:ビームアクスル式リーフスプリング
全長 194.7 in (1999-2000)
194.9 in (2001-02)
全幅 74.9 in
全高 70.1 in
ホイールベース 112.2 in
車両重量 3,944 lb
後継 マーキュリー・モンテレー
-自動車のスペック表-

プラットフォームを先代の流用としながらも、スライドドアを左右に装備し、エンジンもV型6気筒OHC VG33E型となった。

1999年式はすべてV11型、2000年以降はグレードにより、Base:V11型、Sport:V12型、Estate:V14型となっている。

発売以来、毎年フロントグリル等の小変更が施されている。

クエストとヴィレジャーの生産は2002年には終了し、ヴィレジャーはモンテレーにモデルチェンジしたため、ミニバンでのフォードとのジョイントも終了した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]