マーキュリー・カプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーキュリー・カプリ(1983年)

マーキュリー・カプリMercury Capri )はフォードがかつて生産していたマーキュリーディビジョン向けのクーペである。

歴史[編集]

初代(1970-1977年)[編集]

初代カプリ

ドイツフォードにて開発された2ドアクーペであるフォード・カプリを、1970年4月からアメリカ市場にてリンカーン・マーキュリー販売店で販売開始。ただし車体にはマーキュリーやリンカーンであることを示すバッジエンブレム等はなく、ただ単に「CAPRI」とだけ書かれたエンブレムが装着されていた。つまりフォードでもマーキュリーでもリンカーンでもないブランドなしの位置付けで販売されていたため、便宜上マーキュリー・カプリと呼ばれていた。これはアメリカ市場では同様のクラスのマスタングピントが存在するために、フォードブランドではなくマーキュリーの販売網で販売することで競合を避ける意味合いもあった。この販売方法を元にフォードはヨーロッパ製フォード車を北米で販売するためのブランド「メルクール(Merkur)」を1985年に設立することになる。

2代目(1979-1986年)[編集]

2代目カプリ

1979年に発表。2代目カプリは同年に発表されたマスタングのマーキュリー版である。それまでマスタングの姉妹車であったマーキュリー・クーガー1974年にフルモデルチェンジした際に、フォード・フェアレーンプラットフォームベースへ格上げされたこと及びヨーロッパより輸入されていた初代カプリを販売中止してアメリカ独自モデルとするために企画された。プラットフォームはフォード・フォックス・プラットフォーム (Ford Fox platform) を使用している。

マスタングには3ドアハッチバッククーペと2ドアノッチバッククーペの2種が用意されていたが、カプリは3ドアハッチバッククーペのみ。マスタングとのエクステリア上の違いはフロントマスク、ボンネット、テールレンズ、ブリスター化されたフェンダー、Cピラーガーニッシュの形状が主なもの。またインテリアもマーキュリーにふさわしくマスタングよりは豪華な仕様とされていた。また1983年のマイナーチェンジでリアハッチゲートが専用のものになった。それまではマスタングと同じノッチのついたものが、バブルバックと呼ばれるラウンドした大型のリアガラスを持つノッチのない完全なハッチバックスタイルへと変わった。

エンジンは2.3リッター直列4気筒SOHC、2.3リッター直列4気筒SOHCターボ、V型6気筒OHVやV型8気筒OHV、直列6気筒OHVなどがオプション設定されていた。年式により搭載されるエンジンには何度か変更が加えられているが、これは基本的にマスタングの変更に準じたものである。またターボは1984年モデルを最後にカタログ落ちしている。

2代目モデルはかつてのマスタングとクーガーの関係と比較して、性格付けやグレード構成なども含めて差別化ができていたとは言い難く、販売成績は不調であった。そのためマスタングが1993年まで改良・小変更を加えながら生産されたのとは対照的に、1986年モデルを最後に生産を終了した。


3代目(1991-1994年)[編集]

3代目カプリ
リア

1990年に発表、1991年モデルとして発売開始された2+2レイアウトの4シーター・オープンカー。デザインはカロッツェリア・ギアが担当し、リトラクタブル・ヘッドライトの下にマーカーランプが配置された個性的な顔が特徴。しかしこの3代目はそもそも1989年よりフォード・オーストラリアにて生産が開始されたフォード・カプリそのものである。プラットフォームはBF型マツダ・ファミリアフォード・レーザーのものを流用している。

オーストラリアでフォード・カプリがデビューした1989年はマツダ・MX-5ミアータロータス・エランなどの2シーター・オープンカーが登場している。そのためアメリカ市場への投入が1990年後半とライバル車と比べて遅かったこともあり、マーキュリー・カプリは常に影の薄い存在であった。ただしライバルよりも安価で、4シーターであることやこの種の車としては珍しく長尺物も搭載可能な大きめなトランクスペースを持つことなど、ライバルとは違った特徴も持っている。

しかし、MX-5やエランよりも市場への投入が遅れたこともあって販売実績は振るわず、1994年モデルを最後に早々と販売終了している。

関連項目[編集]