マーガレット・モールズワース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーガレット・モールズワース
基本情報
ラテン文字名 Margaret Molesworth
フルネーム Margaret Mutch Molesworth
愛称 Mall (モール)
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
出身地 同・ブリスベン
生年月日 1894年(日付は不明)
没年月日 1985年7月9日
利き手
4大大会最高成績・シングルス
全豪 優勝(1922・23) [初代優勝者]
全仏 3回戦(1934)
全英 1回戦(1934)
優勝回数 2(豪2)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 優勝(1930・33・1934)

マーガレット・モールズワースMargaret Molesworth, 1894年 - 1985年7月9日)は、オーストラリアブリスベン出身の女子テニス選手。1922年から始まった全豪選手権(現在の全豪オープン)の女子シングルス部門で、第1回・第2回大会の優勝者になった選手である。フルネームは Margaret Mutch Molesworth (マーガレット・ムッチ・モールズワース)というが、「モール」(Mall)という愛称で呼ばれた。右利きの選手で、強力なサービスを最大の武器にした。彼女は1918年に教育者のベヴィル・ヒュー・モールズワース(Bevil Hugh Molesworth)と結婚しており、全豪選手権の女子部門が始まった時は既婚女性であった[1]。なお、モールズワースについては没年月日は判明しているが、生年に関しては日付までを確認できる資料がない。

現在は「全豪オープン」として知られるテニス大会は、1905年に第1回大会が始まったが、最初期の全豪選手権は男子シングルス・男子ダブルスの2部門のみであった。女子シングルス・女子ダブルス・混合ダブルスの3部門は、それから17年後の1922年に第1回の競技が行われた。マーガレット・モールズワースは第1回大会の女子シングルス決勝でエスナ・ボイド1901年 - 1962年)を 6-3, 10-8 で破り、この部門で最初の優勝者に輝いた。翌1923年の第2回大会で、モールズワースは女子シングルス・女子ダブルス・混合ダブルスの3部門すべてに決勝進出を果たす。女子シングルスでは前年と同じボイドに 6-1, 7-5 で連勝して2連覇を達成したが、女子ダブルスと混合ダブルスでは準優勝に終わった。しかし、1924年の第3回大会では準々決勝敗退に終わり、1928年1929年1933年もベスト8止まりがあった。

モールズワースはその後、女子ダブルスで1930年1933年1934年と3度優勝したが、パートナーはすべてエミリー・ウェスタコット1910年 - 1980年)と組んだ。彼女は1930年当時は「エミリー・フッド」(Emily Hood)という名前であったが、その後結婚してウェスタコットの姓に変わり、1933年と1934年は「エミリー・ウェスタコット」の名前で女子ダブルス優勝記録表に記載されている。ウェスタコットと組んで女子ダブルスに2年連続3度目の優勝を果たした1934年、モールズワースは女子シングルスで11年ぶり3度目の決勝に進出したが、ジョーン・ハーティガン1912年 - 2000年)に 1-6, 4-6 で敗れ、3度目の優勝はならなかった。この時、モールズワースはすでに40歳を迎えていた。

1935年に41歳で競技テニスを引退するまでの間、モールズワースは全豪選手権以外のテニス大会で女子シングルス29勝、女子ダブルス16勝、混合ダブルスで9勝を挙げ、こうしてオーストラリアにおける女子テニスの黎明期の歴史を築いた。1950年からは、オーストラリア・テニス協会のコーチとしても活動した[2]。モールズワースは長寿にも恵まれ、1985年7月9日に91歳で長逝した。

全豪選手権の成績[編集]

  • 女子シングルス:2勝(1922年&1923年) [準優勝1度:1934年]
  • 女子ダブルス:3勝(1930年・1933年・1934年) [準優勝1度:1923年]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Our Open - 100 years of Australia's Grand Slam” (我らのオープン-オーストラリア・グランドスラムの100年史) News Custom Publishing, Victoria, Australia (2004) ISBN 1-876176-60-1
  • Bruce Matthews, “Game, Set and Glory: A History of the Australian Tennis Championships” (ゲーム・セット・栄冠-オーストラリア・テニス選手権の歴史) The Five Mile Press, Victoria, Australia (1985) ISBN 0-86788-078-3
  • Bud Collins, “Total Tennis: The Ultimate Tennis Encyclopedia” Sport Classic Books, Toronto (2003 Ed.) ISBN 0-9731443-4-3

脚注[編集]

  1. ^ Molesworth, Bevil Hugh (1891-1971)”. Australian Dictionary of Biography, Online Edition (2007年9月22日). 2007年9月22日閲覧。
  2. ^ A Brief History”. Tennis Coaches Australia (2007年9月22日). 2007年9月22日閲覧。