マーガレット・デバーデレーベン・タトワイラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーガレット・デバーデレーベン・タトワイラー

マーガレット・デバーデレーベン・タトワイラー(Margaret DeBardeleben Tutwiler, 1950年12月28日 - )は、アメリカ合衆国政治家

生涯[編集]

アラバマ州バーミングハム出身。

1989年3月から1992年8月まで国務次官補(広報担当)[1]。2001年8月から2003年8月まで駐モロッコ大使[1]。2003年12月から2004年6月までアメリカ合衆国国務次官(公共外交・広報担当)[1]。2004年7月からNYSEユーロネクスト通信部長。2007年12月からメリルリンチ通信本部長。

出典[編集]

  1. ^ a b c Margaret DeBardeleben Tutwiler”. United States Department of State. 2011年1月20日閲覧。
公職
先代:
チャールズ・エドガー・レッドマン
アメリカ合衆国国務次官補(広報担当)
1989年3月3日 - 1992年8月23日
次代:
トマス・E・ドニルソン
先代:
エドワード・M・ガブリエル
在モロッコアメリカ合衆国大使
2001年8月7日 - 2003年8月22日
次代:
トマス・トマス・ライリー
先代:
シャーロット・ビアーズ
アメリカ合衆国国務次官(公共外交・広報担当)
2003年12月16日 - 2004年6月16日
次代:
カレン・パーフィット・ヒューズ