マーガレット・オブ・フランス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーガレット・オブ・フランス

マーガレット・オブ・フランス(Margaret (Marguerite) of France, 1275年/1282年? - 1318年2月14日)はプランタジネット朝イングランドエドワード1世の2度目の王妃。父はフランスフィリップ3世、母はその2番目の王妃マリー・ド・ブラバンエドワード2世(エドワード1世と最初の王妃エレノア・オブ・カスティルの息子)の王妃イザベラ・オブ・フランスは姪に当たる。

1299年、エドワード1世の後添えとして結婚した。2男1女が生まれ、2男が成人した。長男トマスはノーフォーク伯爵トマス・オブ・ブラザートンで、現在も続くイングランド筆頭公爵ノーフォーク公爵家の先祖の1人である。次男エドマンド・オブ・ウッドストックケント伯爵となり、その娘ジョーンエドワード黒太子の妃となった。

関連項目[編集]