マーガレット・オブ・コノート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スウェーデン王太子妃マルガレータ

マーガレット・ヴィクトリア・シャーロット・オーガスタ・ノラ・オブ・コノート(Margaret Victoria Charlotte Augusta Norah of Connaught, 1882年1月15日 - 1920年5月1日)は、スウェーデングスタフ6世アドルフの最初の妃。スウェーデン語名ではマルガレータ(Margareta)と呼ばれた。愛称をデイジー(Daisy)。夫の即位以前に死去しており、王妃にはなっていない。

略歴[編集]

イギリス王子コノート公アーサーと妃ルイーズプロイセン王族、フリードリヒ・ヴィルヘルム3世の曾孫))の娘として、バクショット・パークのコノート公爵邸で生まれた。3月11日にウィンザー城の礼拝堂でカンタベリー大主教Archibald Taitによって洗礼が施され、ヴィクトリア女王(父方の祖母)、ドイツ皇帝ヴィルヘルム1世(母方の曽祖父の兄)、ドイツ皇太子妃ヴィクトリア(父方の伯母)、プロイセン皇子フリードリヒ・カールとその妻マリア・アンナ妃(母方の祖父母)、イギリス王太子アルバート・エドワード(父方の伯父)が代父母を務めた。

5歳年下の妹パトリシアとともに、当時ヨーロッパでも指折りの美しい王女として知られていた。伯父エドワード7世は、姪たちにヨーロッパの王か王太子と縁づいてもらいたいと考えていた。1905年に一家で世界周遊旅行に出かけたマーガレットは、立ち寄ったポルトガルで王太子ルイス・フィリペカルルシュ1世の長男)の妻にと望まれるが、これは実現しなかった。同じくパトリシアも、訪問先のスペインアルフォンソ13世の妃にと望まれるが叶わなかった。

エジプトスーダン訪問のため立ち寄ったカイロで、一家はスウェーデン王オスカル2世の孫息子グスタフ・アドルフ王子と出会った。マーガレットとグスタフは恋に落ち、瞬く間に婚約が成立。1905年6月15日に2人はウィンザー城で結婚し、新婚旅行としてアイルランドで過ごした後、7月8日にスウェーデンに到着した。マーガレットはスウェーデン語とスウェーデンの歴史、社会福祉についての講義を受け、2年後には見事なスウェーデン語を話せるようになった。1907年、夫の祖父オスカル2世の崩御によって王太子妃となった。

第一次世界大戦が始まると、マーガレットは赤十字社援助のために裁縫協会を設立した。パラフィン供給が低下するとロウソクのコレクションを提供した。

1920年5月1日、感染症による頭部手術を施される間に急逝した。その時、マーガレットは妊娠8ヶ月で第6子を身ごもっていたが死産した。

子供[編集]