マーカーインタフェース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マーカーインタフェース (marker interface)とは、オブジェクト指向プログラミングにおいて、中身が空になっているインタフェースのこと。

Javaなどの言語ではよく使われる。メソッドフィールドが一切定義されていないインタフェースのことであるJavaにおいてマーカーインタフェースとなっているインタフェースには例としてオブジェクト直列化に使用するSerializable、オブジェクトをクローニングできることを示すCloneableリストオブジェクトにおいて高速なランダムアクセスを実現するRandomAccess、データがなく名前だけを持つマーカーアノテーションなどがある。

Javaにおけるマーカーインタフェースの書き方の例を示す。

interface MarkerInterface {

}

また、Javaにおけるマーカーアノテーションの書き方の例は以下のようになる。

@interface MarkerAnnotation {
}

関連項目[編集]