マーカス・ライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーカス・ライト Portal:陸上競技
1912 Marc Wright.JPG
ストックホルムオリンピックでのマーカス・ライト(1912年)
選手情報
フルネーム マーカス・スノーウェル「マーク」・ライト
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
種目 棒高跳
所属 Dartmouth Big Green, Hanover (USA)
生年月日 1890年4月21日
生誕地 アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ[1]
没年月日 1975年8月5日(満85歳没)
死没地 アメリカ合衆国マサチューセッツ州リーディング(en:Reading, Massachusetts
身長 170㎝
体重 69㎏
自己ベスト 棒高跳:4.015m(1912年)
 
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
男子 陸上競技
オリンピック
1912 ストックホルム 棒高跳
編集 テンプレートのヘルプを表示する

マーカス・ライトMarcus Snowell "Marc" Wright1890年4月21日- 1975年8月5日)は、アメリカ合衆国の元陸上競技選手である。1912年に開催されたストックホルムオリンピックの棒高跳で、銀メダルを獲得した。

経歴[編集]

ストックホルムオリンピックのアメリカ国内最終予選で、ライトは当時の世界最高記録4m15cmを跳んで史上初の4m台ジャンパーとなり、アメリカ代表に選出された[2]。世界記録を保持していたにもかかわらず、IC4A英語版主催の選手権での優勝経験はなく、1912年の4位タイと1913年の2位タイが目立つ程度の成績だった。

ストックホルムオリンピックの棒高跳は、1912年7月10日(予選)、7月11日(決勝)の日程で実施された。11の国から出場した25人の選手は2つの組に分けられ、予選通過基準3m65cmの跳躍に挑んだ。予選2組に出場したライトは、3m65cmで1回失敗したものの、2回目の跳躍を成功して決勝に進んだ[3]

翌日の決勝には、予選を勝ち残った11人の選手が出場した。決勝は3m40cmから始まり、これは全員が成功した。3m50cmの試技で1名が脱落し、当時のオリンピック記録に並ぶ3m75cmでさらに3名が脱落した。3m80cmでまた1名脱落し、勝負は3m85cmまで進んだ。ここでカナダ代表ウィリアム・ハルペニー肋骨を2本折ってしまい、担架に乗せられてフィールドから去って行った[4]。3m85cmの跳躍に成功したのは、いずれもアメリカ代表のハリー・バブコックフランク・ネルソン、ライトの3人であった。バーの高さは3m95cmに上がり、バブコックだけが跳躍に成功して金メダルを獲得し、ネルソンとライトが銀メダル、ハルペニーを含む3m80cmの跳躍成功者3人が銅メダルを獲得することになった[2][5]

ライトはダートマス大学を1913年に卒業した[6]。1912年7月8日から1920年8月20日まで棒高跳の世界記録を保持していた[7]が、1975年にはマサチューセッツ州リーディングで死去した。

脚注[編集]

  1. ^ Olympic Athletes Born in Chicago, Illinois,United States 2012年5月4日閲覧。(英語)
  2. ^ a b Athletics at the 1912 Stockholm Summer Games:Men's Pole Vault 2012年5月4日閲覧。(英語)
  3. ^ Athletics at the 1912 Stockholm Summer Games:Men's Pole Vault Qualifying Round 2012年5月4日閲覧。(英語)
  4. ^ William Halpenny Olympics at Sports-Reference.com 2011年8月21日閲覧。(英語)
  5. ^ Athletics at the 1912 Stockholm Summer Games:Men's Pole Vault Final Round 2012年5月4日閲覧。(英語)
  6. ^ Olympians-DartmouthSports.com 2012年5月4日閲覧。(英語)
  7. ^ "12th IAAF World Championships In Athletics: IAAF Statistics Handbook. Berlin 2009." (PDF) 2012年4月22日閲覧。(英語)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]