マーカス・バンクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーカス・バンクス
Marcus Banks
アイダホ・スタンピード  No.11
Marcus banks.jpg
名前
本名 Arthur LaMarcus Banks
ラテン文字 Marcus Banks
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1981年11月19日(33歳)
出身地 ネバダ州ラスベガス
身長 188cm
体重 96kg
選手情報
ポジション PG
背番号 11
ドラフト 2003年 13位
経歴
2003-2006
2006
2006-2008
2008-2009
2009-2010
2010-2011
2012-
ボストン・セルティックス
ミネソタ・ティンバーウルブズ
フェニックス・サンズ
マイアミ・ヒート
トロント・ラプターズ
ニューオーリンズ・ホーネッツ
アイダホ・スタンピード

マーカス・バンクスArthur LaMarcus Banks, 1981年11月19日-)は、アメリカ合衆国ネバダ州ラスベガス出身のバスケットボール選手。NBAデベロップメント・リーグアイダホ・スタンピードに所属している。身長188cm、体重96kg。ポジションはポイントガード

略歴[編集]

大学時代[編集]

1999年から2001年まではディキシー大学でプレー。2001年UNLVに編入。2年間で平均18.1得点、3.3リバウンド、4.3アシストを記録した。

NBA[編集]

2003年のNBAドラフトで1巡目13位指名をメンフィス・グリズリーズから受けたが、トロイ・ベルダンテ・ジョーンズとのトレードでケンドリック・パーキンスと共にボストン・セルティックスにトレードされデビューした。ルーキーイヤーの2003-04シーズンは81試合に出場、平均5.9得点、2.2リバウンド、1.1スティールの成績を残す。

2004-05シーズンも81試合に出場したものの、出場時間は減少、続く2005-06シーズンも15分弱の出場に終わっていた。しかし、ミネソタ・ティンバーウルブズとのトレードでチームを離れる。ウルブズでの40試合では自身最高の平均12.0得点、2.9リバウンド、4.7アシスト、1.2スティールを記録した。

シーズン終了後、フェニックス・サンズと契約。しかし、3ポイントシュートを多用するチームのプレースタイルにマッチせず、移籍1年目は自己最低の45試合の出場にとどまった。翌2007-08シーズン途中に、シャキール・オニールとの交換でショーン・マリオンとともにマイアミ・ヒートに移籍した。

2009年2月13日、再びショーン・マリオンと共に、ジャーメイン・オニールジャマリオ・ムーンとのトレードに出されてトロント・ラプターズへ移籍。

外部リンク[編集]