マヴィック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
完組ホイール「アクシウム」のハブ部分

マヴィック(Mavic)は、フランス自転車部品メーカー。リム、完組みホイールで有名。一時期はディレーラー(変速機)なども製造していた。

歴史[編集]

創業は1889年、フランスのリヨンである。1934年ジュラルミン製の軽量リムを製作することに成功。1970年代からは航空力学に注目したホイールの研究を始める。1980年代に入るとマウンテンバイク向けのリムの製作も手掛けるようになる。

1979年よりコンポーネントの製作を開始し、1993年には有線電動式の変速機「ZMS(ザップ・マヴィック・システム)」を販売して話題を集めたが、ハンドル部に配置された小型の操作ボタンの操作ミスを主因とした誤作動が多発。後部ディレーラーが横に大きく張り出した形状のため転倒すると確実に1回で壊れるというもろさもあり、厳しい使用条件下での信頼性を求めるプロ選手には不評で売り上げも伸び悩んだ。

1999年には人間工学に基づいたデザインのブレーキレバーや無線電動式の変速装置、サイクルコンピュータなども含めた総合コンポーネント「メカトロニック」(Mektronic) を発表した。しかし頻繁にシステムが停止することや、電波の受信距離の制約上エアロフォームを取るトライアスロン用自転車への取り付けが不向きであることなどの問題もありシェアを確保するには至らず、現在ではブレーキなど一部の製品が残るのみとなっている。

多くの完組みホイール及びリムを製作しており、アマチュアからプロレーサーまで、高い評価を得ている。代表的な製品は完組みホイール「キシリウム」(Ksyrium) シリーズ、ロードバイク用リム「オープンプロ」(Open Pro) など。

1973年からツール・ド・フランスをはじめとする主な自転車ロードレースにおいてニュートラルカーの提供を行っており、黄色地に黒で「MAVIC」のロゴが入った通称「マヴィックカー」は今やロードレースに欠かせない存在の一つとなっている。

外部リンク[編集]