マンネングサ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マンネングサ属
Sedum mexicanum
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
: ユキノシタ目 Saxifragales
: ベンケイソウ科 Crassulaceae
亜科 : マンネングサ亜科 Sedoideae
: マンネングサ連 Sedeae
亜連 : マンネングサ亜連 Sedinae
: マンネングサ属 Sedum
学名
Sedum L.
タイプ種
オウシュウマンネングサ Sedum acre L.
シノニム
英名
stonecrop
  • S. sect. Balfouria
  • S. sect. Bracteata
  • S. sect. Centripetalia
  • S. sect. Fruticisedum
  • S. sect. Hobsonia
  • S. sect. Japonica
  • S. sect. Lanceolata
  • S. sect. Oreades
  • S. sect. Prainia
  • S. sect. Primuloida
  • S. sect. Sedum
  • S. sect. Smithia
  • S. sect. Stolonifera
  • S. sect. Tetrorum

マンネングサ属(マンネングサぞく、学名: Sedum)は、ベンケイソウ科に属するである。かつての和名はベンケイソウ属と言ったが、ムラサキベンケイソウ属ベンケイソウ英語版などが分割されたので、現在はマンネングサ属と言う。キリンソウ属の名が使われたこともある。園芸では学名仮名書きのセダムが通用する。

園芸品種ニジノタマメキシコマンネングサなどのがこの属に属する。

形態・生態[編集]

背が低い草もあれば、やや立ち上がるものもあるが、総じてベンケイソウ科の中では小さめで、盛んに枝分かれしてよく殖える。

は粒状や棒状。

開花期には黄色や白いが咲く。花序集散花序、一部は総状花序で、花序には葉状のがつく。

岩盤面の隙間のような、乾燥かつ貧栄養状態にあるわずかな土壌でも生育可能な丈夫な植物である。

分布[編集]

アジアヨーロッパ北アメリカ大陸など世界各地に分布する。

人間との関わり[編集]

日本では石垣などの被覆に使われたこともあり、また多肉植物として栽培されるものも多い。また、乾燥、高低温、塩害アルカリ性に強く、近年は屋上緑化に適した植物としても注目・利用されている。

下位分類[編集]

世界に約400種があり、5亜属に分けられている。そのうち日本には2亜属の17種ほどが知られ、帰化しているものもある。

参考文献[編集]

  • 平野隆久写真 「マンネングサ属」『野に咲く花 : 写真検索』 林弥栄監修、門田裕一改訂版監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2013年、増補改訂新版、300-301頁。ISBN 978-4-635-07019-5
  • 永田芳男写真 「マンネングサ属」『山に咲く花 : 写真検索』 畔上能力編・解説、門田裕一改訂版監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2013年、増補改訂新版、293-294頁。ISBN 978-4-635-07021-8

関連項目[編集]

外部リンク[編集]