マント=ラ=ヴィル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mantes-la-Ville
Blason ville fr Mantes-la-Ville (Yvelines).svg
Mantes-la-Ville mairie01.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) イル・ド・フランス地域圏
(département) イヴリーヌ県
(arrondissement) マント=ラ=ジョリー郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 78362
郵便番号 78711
市長任期 モニーク・ブロショ
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté d'agglomération de Mantes-en-Yvelines
人口動態
人口 19 234人
2010年
人口密度 3 174人/km²
住民の呼称 Mantevillois
地理
座標 北緯48度58分30秒 東経1度42分42秒 / 北緯48.975度 東経1.71166666667度 / 48.975; 1.71166666667座標: 北緯48度58分30秒 東経1度42分42秒 / 北緯48.975度 東経1.71166666667度 / 48.975; 1.71166666667
標高 最低:17 m
最高:114 m
面積 6.06km²
Mantes-la-Villeの位置
Mantes-la-Ville
公式サイト mairie-manteslaville.fr
テンプレートを表示

マント=ラ=ヴィルMantes-la-Ville)は、フランスイル=ド=フランス地域圏イヴリーヌ県コミューン

地理[編集]

パリの西52kmのところにある。人口およそ2万人の小さな町で、セーヌ川とその支流ヴォクルール川が合流する地点にあたる。

マント=ラ=ヴィルは都市化されているが、川沿いには公園があり、森に囲まれた丘陵や農地がある。まちは、鉄道のパリ-マント-ルーアン路線によってマント=ラ=ジョリーから分断されており、マント・スタシオン駅にこの路線の電車が停車する(マント=ラ=ジョリーから数百mしか離れていない)。また、コミューン内をA13が横切り、マント・シュドおよびマント・エストの2箇所のインターチェンジがある。公害を減らす目的で、高速道路の一部が覆われている。

歴史[編集]

マント(Mantes)とはラテン語のMedentaからきている。語源は「保護」の概念からきている。マントはセーヌ川の恵みを突出して受けていた。セーヌにほど近いマント=ラ=ヴィルには農地があり、そこでとれる作物から人は養われていた。2つのコミューンが常に互いに独立してきたことに留意しなければならない。

18世紀半ばにはMante-la-Villeの綴りが好まれて、19世紀には一般化した。しかし急速にsのついた現在の綴り、Mantes-la-Villeが現れた。

マント=ラ=ヴィルは、セルロース・フィルム製造に特化したセロハン工場のある土地だった。この工場は1926年にセーヌ川沿いに建設された。操業は実際には1929年より開始され、ナチスドイツ侵攻の1940年6月6日に操業を停止した。1944年の連合国側の空爆によって工場は甚大な被害を受けたものの、1976年まで工場は稼働していた。第二次石油ショックと、競合する資材の誕生で終わりを迎えたのである。1985年に生産は停止され、1986年に工場は完全に壊された。

経済[編集]

クラリネット製造のビュッフェ・クランポンサクソフォーン製造のヘンリー・セルマー・パリの工場がある。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2007年
10319 14632 16708 17360 19081 19231 18739

参照元:1962年までEHESS[1]、1968年以降はINSEE[2][3]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]