マンダラ航空RI091便墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マンダラ航空 091便
概要
日付 2005年9月5日
原因 フラップとスラットの展開し忘れ
場所 インドネシアの旗 インドネシア北スマトラ州メダン
死者 149
負傷者 0
航空機
機体 ボーイング737-230
運用者 Flag of Indonesia.svgマンダラ航空
機体記号 PK-RIM
乗客数 112
乗員数 5
生存者 10
テンプレートを表示
インドネシア、メダン(Medan)

マンダラ航空RI091便墜落事故 (Mandala Airlines Flight 091) は、2005年9月5日マンダラ航空ジェット旅客機ボーイング737-230がインドネシア北スマトラ州メダンの空港近隣に墜落した航空事故

事故の概略[編集]

091便はジャカルタ・スカルノハッタ国際空港 (CGK) へ向かう予定であった。北スマトラ州(Sumatera Utara)の知事リザル・ヌルディン英語版インドネシア大統領スシロ・バンバン・ユドヨノとの会談のために、また北スマトラ州選出の地方代表議会 (DPD) 議員であるRaja Inal Siregar(前北スマトラ州知事)とabdul halimが搭乗していた。

現地時間の午前9時52分にメダン・ポロニア国際空港 (MES) のゲートからプッシュバック、午前9時56分に滑走路23へ向かうように管制塔から指示された。午前10時2分に管制塔から離陸の許可と離陸後に針路120度に旋回し1500フィートまでの上昇指示を受け、離陸滑走を開始した。しかし機体は離陸できず滑走路オーバーラン。アプローチライトに激突し草地と川を横断したのち住宅地に突っ込み機体は建物や車に激突し大破炎上。墜落現場では機体の残骸や住宅が燃えて煙がたちこめた。事故機には乗員5名と乗客112名が搭乗していたが、102人が死亡し、地上の住人49人も死亡した。

事故機は1981年に製造された機体で、1994年にマンダラ航空がルフトハンザドイツ航空から購入した。なお当時の機体記号はD-ABHK、愛称は"Bayreuth"であった。事故当時24年経過した経年機(老朽機)であったが、5月に大規模な安全性試験に合格しており、少なくとも2013年まで耐空性があるとしていた。

事故原因[編集]

2009年1月1日に最終事故調査報告書がインドネシア当局から発表された。事故原因はパイロットが離陸前のチェックリストを怠ったため、フラップとスラットを展開しないまま離陸滑走を開始したためであった。本来であれば離陸前にフラップとスラットを所定の位置まで下げなかった場合、離陸警報が作動しパイロットに警告する。しかし回収されたCVRを調査したところ091便の場合は作動していなかったと思われる。 そのため091便は離陸できず事故に至った。

出典[編集]

関連項目[編集]