マンタ空軍基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エロイ・アルファロ国際空港
IATA: MECICAO: SEMT
MECの位置
MEC
Location of airport in Ecuador
概要
空港種別 軍民共用
運営者 エクアドル軍
所在地 マンタ
標高 48 ft / 15 m
座標 南緯00度56分45秒 西経080度40分43秒 / 南緯0.94583度 西経80.67861度 / -0.94583; -80.67861
滑走路
方向 全長 表面
m ft
05/23 2,860 9,383 舗装
Source: DAFIF[1][2]

マンタ空軍基地(マンタくうぐんきち、別名はエクアドルの元大統領に由来するEloy Alfaro空軍基地)(IATA: MECICAO: SEMT) は、エクアドル南アメリカ大陸部西側のマナビ州(Manabi) の太平洋に面した港湾都市マンタ(Manata)近郊にある1978年10月24日に供用が開始されたエクアドル空軍基地で、民用空港との共用飛行場ともなっている。

基地は、南アメリカ北西部での違法なコカイン密売の監視活動の名目でアメリカ南方軍の空軍部門が使用していた。これは1999年にアメリカ合衆国がエクアドル政府とアメリカ軍将兵475人の同基地への駐留を10年間認める協定を締結したことに基づくもので[3]、南アメリカ北西部空域の飛行状況を監視するため、アメリカ空軍アメリカ海軍E-2)の早期警戒管制機が運用されていた[4]。エクアドルのラファエル・コレア大統領は、両国が対等である証としてアメリカがフロリダ州マイアミにエクアドル空軍基地建設を認めない限り、アメリカにマンタ基地の利用を認める協定を10年の期限である2009年をもって終了させ、同協定を更新しないとしている[5]。2008年3月19日にエクアドル憲法制定議会はエクアドルにおいていかなる外国の軍事基地も非合法化することを可決した[6]。アメリカがエクアドル軍の駐留を容認しなかったため、2009年、協定は失効。9月、駐留米軍が引き揚げ、外国軍の駐留は一切なくなった。

航空路線(航空会社と目的地)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Airport information for SEMT from DAFIF (effective October 2006)
  2. ^ Airport information for MEC at Great Circle Mapper. Source: DAFIF (effective Oct. 2006).
  3. ^ Anti-drug air base pact to be ended
  4. ^ Butler, Amy, "Down South: Regional cost-sharing seems an option for Central American AFs’ aging systems", Aviation Week & Space Technology, January 21, 2008, p. 34.
  5. ^ Correa suggests base in Miami, The Washington Times, October 23, 2007
  6. ^ U.S. military base contract in Ecuador not to be renewed after 2009