マングースキツネザル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マングースキツネザル
Eulemur-mongoz 59489762.jpg
マングースキツネザル(オス) Eulemur mongoz
保全状況評価
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svgワシントン条約附属書I
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: サル目 Primates
: キツネザル科 Lemuridae
亜科 : キツネザル亜科 Lemurinae
: Eulemur
: マングースキツネザル
E. mongoz
学名
Eulemur mongoz (Linnaeus, 1766)
和名
マングースキツネザル
英名
Mongoose lemur

マングースキツネザルEulemur mongoz)は、動物界脊索動物門哺乳綱サル目(霊長目)キツネザル科に分類されるサル。

分布[編集]

マダガスカル北西部に自然分布。コモロアンジュアン島モヘリ島)に人為移入。

形態[編集]

体長30-37cm。尾長45-51cm。体重2-2.2kg。全身は灰褐色の体毛で被われる。

オスは頬や下顎を被う体毛が黒い。メスは顔が黒く、背面の体毛がより褐色みを帯びる。また頬や下顎を被う体毛が白い。

生態[編集]

森林に生息する。マダガスカルの個体群はペアと幼獣の3-6頭からなる家族群を形成して生活するが、コモロの個体群は複数の同性個体が含まれる不定形かつ大規模な群れを形成して生活する。チャイロキツネザルと混群を形成する事もある。昼夜を問わずに活動するが、乾季には夜行性、雨季には昼行性傾向が強くなる。これは乾季は落葉により隠れ場所が少なくなる事と、高温を避ける目的があると考えられている。

食性は植物食で、花の蜜、植物の葉、果実などを食べる。マダガスカルの個体群は雨季に花の蜜を主に食べるが、コモロの個体群は逆に乾季に花の蜜を主に食べる。

人間との関係[編集]

生息地では食用とされる事もある。

開発や放牧による生息地の破壊、食用やペット目的の狩猟などにより生息数は減少している。マダガスカルでは生息地の一部が自然保護区に指定されているが、自然保護区内でも生息地が破壊されている。

画像[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編 『動物大百科3 霊長類』、平凡社1986年、21-23、30頁。
  • 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ8 太平洋、インド洋』、講談社2001年、40、154頁。

外部リンク[編集]

  • CITES homepage
  • IUCN Red List - Home Page -
    • Andrainarivo, C., Andriaholinirina, V.N., Feistner, A., Felix, T., Ganzhorn, J., Garbutt, N., Golden, C., Konstant, B., Louis Jr., E., Meyers, D., Mittermeier, R.A., Perieras, A., Princee, F., Rabarivola, J.C., Rakotosamimanana, B., Rasamimanana, H., Ratsimbazafy, J., Raveloarinoro, G., Razafimanantsoa, A., Rumpler, Y., Schwitzer, C., Thalmann, U., Wilmé, L. & Wright, P. 2008. Eulemur mongoz. In: IUCN 2009. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2009.1.