マンガンペルオキシダーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マンガンペルオキシダーゼ
識別子
EC番号 1.11.1.13
CAS登録番号 114995-15-2
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

マンガンペルオキシダーゼ(manganese peroxidase)は、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

2 Mn2+ + 2 H+ + H2O2 \rightleftharpoons 2 Mn3+ + 2 H2O

反応式の通り、この酵素の基質Mn2+とH+H2O2とH+、生成物はMn3+H2Oである。補因子としてヘムを用いる。

組織名はMn(II):hydrogen-peroxide oxidoreductaseで、別名にperoxidase-M2、Mn-dependent (NADH-oxidizing) peroxidaseがある。

参考文献[編集]

  • Glenn JK, Akileswaran L, Gold MH (1986). “Mn(II) oxidation is the principal function of the extracellular Mn-peroxidase from Phanerochaete chrysosporium”. Arch. Biochem. Biophys. 251 (2): 688–96. doi:10.1016/0003-9861(86)90378-4. PMID 3800395. 
  • Paszczynski A, Huynh VB, Crawford R (1986). “Comparison of ligninase-I and peroxidase-M2 from the white-rot fungus Phanerochaete chrysosporium”. Arch. Biochem. Biophys. 244 (2): 750–65. doi:10.1016/0003-9861(86)90644-2. PMID 3080953. 
  • Wariishi H, Akileswaran L and Gold MH (1988). “Manganese peroxidase from the basidiomycete Phanerochaete chrysosporium: spectral characterization of the oxidized states and the catalytic cycle”. Biochemistry 27: 5365–5370. doi:10.1021/bi00414a061.