マンガロール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マンガロール
トゥル語:ಕುಡ್ಲ,Kudla
カンナダ語:ಮಂಗಳೂರು, Mangalūru
英語:Mangalore
Town Hall 014.jpg
マンガロールの公会堂
座標 : 北緯12度52分 東経74度52分 / 北緯12.867度 東経74.867度 / 12.867; 74.867
行政
インドの旗 インド
  カルナータカ州
 県 ダクシナ・カンナダ県
 市 マンガロール
市長 Gulzar Banu
地理
面積  
  市域 3,586.5km2
標高 22m
人口
人口 (2011年現在)
  市域 484,785人
その他
等時帯 インド標準時UTC+5:30
夏時間 なし
Pincode 5750〇〇
市外局番 +0824
ナンバープレート KA19
公式ウェブサイト : http://www.mangalorecity.gov.in

マンガロールトゥル語:ಕುಡ್ಲ, Kudla; カンナダ語:ಮಂಗಳೂರು, Mangalūru; 英語:Mangalore)とは、インドカルナータカ州にある港湾都市である。東は西ガーツ山脈が迫り、西はアラビア海に面している。マンガロールは英語読みで、現地音ではマンガルールのほうが近い。

由来[編集]

マンガロールの名称の由来となったマンガラデーヴィー女神

マンガロールの名前は、地元で信仰を集めているヒンドゥー教女神マンガラデーヴィーからきており、同名の寺院マンガラデーヴィー寺院Mangaladevi)もある。

歴史[編集]

イブン・バットゥータも訪れるなど重要な港湾であったため古来、多くの王朝が覇を競ったが、1763年マイソール王国ハイダル・アリーケラディ・ナーヤカ朝を滅ぼした際、マンガロールの支配も同国に移った。

マンガロールはその後、マイソール王国の外港として使用されたが、1767年にはイギリスの支配下となった。

しかし、1783年にはハイダル・アリーの息子ティプー・スルターン第二次マイソール戦争でこの地を奪い、再び外港として使用されることとなった。

1792年にイギリスが第三次マイソール戦争でティプー・スルターンを破り、シュリーランガパトナ条約でこの地を割譲させると、1947年のインド独立までイギリス領マドラス管区に属することとなった。

独立後は国道17号線や鉄道も整備され、海上のみならず陸上交通の要所ともなっている。

住民[編集]

カンナダ語州であるカルナータカ州に属するが、住民はトゥル語を話し、トゥル語話者の中心的な都市となっている。

名物[編集]

魚料理が有名である(マンガロール料理)。

関連項目[編集]