マレー湾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Moray Firth topo.png

マレー湾マリー湾モレー湾英語 Moray Firth /mʌri fɜrθ/, スコットランドゲール語 An Cuan Moireach, Linne Mhoireibh)は、スコットランド最大のである。

マレー州の北、インヴァネスの北東にあり、北海に向かって開ける。

海岸線は800キロメートル以上で、その多くが断崖である。北方のダンカンズビー・ヘッド英語版から東方のフレーザーバラ英語版まで、行政区画で言えばハイランドマレーアバディーンシャーに広がる。

マレー湾にはネス川スペイ川が注ぐ。湾内にはクロマティ湾英語版ドーノホ湾英語版など小さな入り江や湾がある。

マレー湾は2つの部分に分けられ、奥のインナー・マレー湾(Inner Moray Firth)は伝統的にインヴァネス湾(Firth of Inverness)と呼ばれ、外側の北海寄りの部分をアウター・マレー湾(Outer Moray Firth)と呼ぶ。

自然保護と経済[編集]

マレー湾は、クジライルカ観察の海岸としてイギリスで最も重要な場所の一つである。最も一般的な種は、ハンドウイルカネズミイルカミンククジラである。マイルカ属などその他のハクジラ類ヒゲクジラ類も時折見られる。人気のある野生動物観察場所は、インナー・マレー湾内のシャノンリー・ポイントで、イルカの壮観な眺めを見られる。ビジター・センターがスペイ湾とノース・ケソックにあり、クジラ・イルカ自然保護協会が運営している。

一方で、重要な油田と漁場でもある。アウター・マレー湾のベアトリス油田英語版は北海油田に最も近い。水産業は、ホタテガイノルウェー・ロブスターに集約されている。

インナーマレー湾は、自然保護目的で『特別保護区域』に指定されており、1997年2月にはネアン海岸一帯がラムサール条約登録地となった。

外部リンク[編集]