マル3計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「③計画」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

マル3計画(まるさんけいかく)は、日本帝国海軍の海軍軍備計画。正式名称は第三次海軍軍備補充計画だが、通称として○の中に数字を入れてマル3(まるさん)計画と呼ばれた。軍縮条約から脱退後、初の建艦計画であり、海軍国防所要兵力整備十年構想の前半四ヵ年計画にあたるものである。

計画内容[編集]

  • 計画年次
昭和十二年度より同十七年度までの六ヵ年計画(航空隊整備計画は同十五年度まで)。
※ 後に完成予定が一ヵ年繰り上げられ、昭和十六年度までの五ヵ年計画に修正された。
  • 計画概要
艦艇66隻建造、航空隊14隊整備。
  • 予算総額
艦艇建造予算:8億0654万9千円(昭和十六年度の追加要求により8億6421万8千円)
航空隊整備予算:7526万7千円

艦艇[編集]

  • 戦艦 - 2隻(3万5000t、9800万円→1億0793万3075円×2)
第1号艦(大和 [II])、第2号艦(武蔵 [III])
  • 航空母艦 - 2隻(2万4500t、8085万円→8449万6983円×2)
第3号艦(翔鶴 [III])、第4号艦(瑞鶴
  • 第5号艦(日進 [III])
  • 敷設艦(乙) - 1隻(5000t、975万円→1048万1573円)
  • 急設網艦 - 2隻(2000t、450万円→473万2622円×2)
第7号艦(初鷹)、第8号艦(蒼鷹 [II])
  • 海防艦 - 4隻(1200t、306万円→321万6528円×4)
第9号艦(占守)、第10号艦(国後)、第11号艦(八丈)、第12号艦(石垣)
  • 砲艦(甲) - 2隻(1000t、330万円→347万4301円×2)
  • 橋立型
第13号艦(橋立 [II])、第14号艦(宇治 [II])
  • 砲艦(乙) - 2隻(270t、117万4500円→121万8111円×2)
第15号艦(伏見 [II])、第16号艦(隅田 [II])
  • 駆逐艦 - 18隻(2000t、900万円→967万9191円×18)
  • 陽炎型 ※ 第32〜34号艦は建造せず
第17号艦(陽炎 [II])、第18号艦(不知火 [II])、第19号艦(黒潮)、第20号艦(親潮)、第21号艦(早潮)、第22号艦(夏潮)、第23号艦(初風)、第24号艦(雪風)、第25号艦(天津風 [II])、第26号艦(時津風 [II])、第27号艦(浦風 [II])、第28号艦(磯風 [II])、第29号艦(浜風 [II])、第30号艦(谷風 [II])、第31号艦(野分 [II])、第32〜34号艦
  • 潜水艦(甲) - 2隻(2600t、1456万円→1553万0044円×2)
第35号艦(伊9)、第36号艦(伊10
  • 潜水艦(乙) - 7隻(2100t、1218万円→1306万2460円×7)
第37号艦(伊15 [I])、第38号艦(伊17)、第39号艦(伊19)、第40号艦(伊21 [II])、第41号艦(伊23 [II])、第42号艦(伊25)、第43号艦
  • 潜水艦(丙) - 5隻(2100t、1218万円→1306万2460円×5)
第44号艦(伊16)、第45号艦(伊18)、第46号艦(伊20)、第47号艦(伊22 [II])、第48号艦(伊24 [II])
  • 掃海艇 - 6隻(600t、213万円→223万0823円×6)
第49号艦(第7号掃海艇)、第50号艦(第8号)、第51号艦(第9号)、第52号艦(第10号)、第53号艦(第11号)、第54号艦(第12号)
  • 運送艦 - 1隻(1万t、440万円→473万6852円)
  • 測量艦 - 1隻(1600t、376万円→403万5745円)
  • 敷設艇 - 5隻(700t、245万円→254万0064円×5)
第57号艦(測天 [II])、第58号艦(白神)、第59号艦(成生)、第60号艦(巨済)、第61号艦(浮島
  • 駆潜艇 - 9隻(300t、150万円→157万8585円×9)
第62号艦(第7号駆潜艇)、第63号艦(第8号)、第64号艦(第4号)、第65号艦(第5号)、第66号艦(第11号)、第67号艦(第12号)、第68号艦(第10号)、第69号艦(第9号)、第70号艦(第6号)

※ 建造されなかった第32〜34、43号艦の予算は大和型に流用された。従って戦艦の単艦金額は1億1759万円→1億3551万4321円である。
※ 大和型戦艦の排水量と予算を偽ったのは予算の規模から大和型の規模(基準排水量6万t超、主砲口径は世界最大)が類推されるのを防ぐ防諜上の理由である。
※ 上記の他、極秘裏に第71号艦が建造された。
※ 因みに当時は一万円あれば一軒家が買えた時代である。

計画策定の背景[編集]

帝国海軍は海軍休日の終了に伴って自主的国防に要する所要兵力標準の第三次改訂を行い、以下の兵力を今後十年で整備する方針を立案した。

艦種 所要定数 現有隻数 増勢隻数 代換隻数 前期整備分 後期整備分 単艦排水量
主力艦 12 10 2 2 2 2 60,000t
航空母艦 10 6 4 1 2 3 20,000t
甲巡 20 18 2 4 0 6 10,000t
乙巡・旗艦巡 21 17 4 17 0 21 6,000t
駆逐艦 96 80 16 46 14 48 2,000t
潜水艦(旗艦) 7 - 7 0 2 5 2,800t
潜水艦(巡洋) 27 - 19 4 11 12 2,000t
潜水艦(海大) 36 - 12 16 0 28 1,400t

※ 潜水艦は各種合計33隻を現有隻数として扱う。

この整備構想は無条約時代突入後、最初の十年で整備するべきものとされ、前期計画(四ヵ年)、後期計画(六ヵ年)と予定された。マル3計画はこの内前期計画に相当するものである。実際に建造された数量と構想との差異を比較すると以下のようになる。

艦種 計画 実際 差異
主力艦 2 2 0
航空母艦 2 2 0
甲巡 0 0 0
乙巡・旗艦巡 0 0 0
駆逐艦 14 15 +1
潜水艦(旗艦) 2 2 0
潜水艦(巡洋) 11 11 0
潜水艦(海大) 0 0 0

以上のようにマル3計画は想定された整備構想を完全に実現したものであり、無条約時代最初の建艦計画としては上々の滑り出しであった。

追加・計画変更[編集]

昭和十三年度計画[編集]

マル3計画策定後、追加計画として昭和十三年度に練習艦3隻、給糧艦2隻が計画され、最終的に以下の3隻が認められ建造された。

  • 練習艦 - 2隻(6000t、660万円×2)
第72号艦(香取)、第73号艦(鹿島)、
  • 給糧艦 - 1隻(1万t、400万円)
  • 第74号艦(伊良湖)

計画完成時の戦時編制案[1][編集]

連合艦隊第1艦隊
第1戦隊
長門陸奥
第2戦隊
伊勢日向扶桑山城
第5戦隊
妙高那智足柄羽黒
第6戦隊
青葉衣笠加古古鷹
第1水雷戦隊
川内・駆逐艦16
第3水雷戦隊
阿武隈・駆逐艦16
第1航空戦隊
龍驤鳳翔・駆逐艦2
第5航空戦隊
特空母3(秩父丸浅間丸龍田丸),駆逐艦2
艦隊附属
マル3敷設艦千歳千代田 ※特殊艦
同 第2艦隊
第3戦隊
マル3戦艦2(1,2) ※重高速戦艦
第4戦隊
榛名霧島金剛比叡 ※比叡はマル3計画で改装・現役復帰
第7戦隊
鳥海高雄摩耶愛宕
第8戦隊
利根筑摩・マル3甲巡2 ※利根・筑摩はマル3計画で8インチ砲艦に改装
第9戦隊
最上三隈鈴谷熊野 ※全艦マル3計画で8インチ砲艦に改装
第2水雷戦隊
神通・駆逐艦16
第4水雷戦隊
那珂・駆逐艦16(内14はマル3計画艦)
第2航空戦隊
赤城加賀・駆逐艦2 ※駆逐艦はマル3計画で航続力延長改装を施した旧式艦
第3航空戦隊
蒼龍飛龍・駆逐艦2
第4航空戦隊
マル3航母2・駆逐艦2
第6航空戦隊
特空母3(大鯨剣崎高崎)・駆逐艦2 ※駆逐艦はマル3計画で航続力延長改装を施した旧式艦
同 第3艦隊
第11戦隊
長良名取木曾
第12戦隊
厳島八重山
第13戦隊
砲艦6・マル3海防艦2・二等駆逐艦3(マル3計画で改装)
第5水雷戦隊
夕張・駆逐艦12
第5潜水戦隊
長鯨・巡潜3・機雷潜4・海大2
第7航空戦隊
瑞穂千代田千歳 ※千代田・千歳は状況に応じて改装・第1艦隊に配属
第8航空戦隊
特水母6
第1根拠地隊
マル3駆潜艇5・マル3掃海艇6他
第2根拠地隊
朝日(工作艦)他
艦隊附属
第11航空隊
同 第4艦隊
第14戦隊
多摩北上
第6水雷戦隊
大井・駆逐艦4・水雷艇8
第6潜水戦隊
迅鯨・海大3・呂号4
第9航空戦隊
神威・特水母5
第15戦隊
沖島・特敷2
第16戦隊
特巡4
第3根拠地隊
第3航空隊他(パラオ方面)
第4根拠地隊
春日・第4航空隊他(トラック方面)
第5根拠地隊
第5航空隊他(サイパン方面)
艦隊附属
第12航空隊(パガン)・第13航空隊(マーシャル)
連合艦隊附属
第1潜水戦隊
由良 ※由良はマル3計画で航続力延長・搭載機増の改装を施す
マル3潜甲・巡潜5・マル3巡潜4
マル3潜甲・マル3巡潜9
第2潜水戦隊
五十鈴・海大9
鬼怒・海大9
明石・特工3
給油艦9・剣崎・高崎・特給油(民間より高速船徴用)
間宮・特給糧4
知床
駐満海軍部隊
砲艇兼敷設艇2・砲艇兼掃海艇2

特記事項[編集]

マル3計画期間中、艦艇建造と並行して以下の事項が実施された。

  • 練習戦艦比叡の高速戦艦化改装
  • 最上型利根型両巡洋艦計6隻について主砲換装(15.5cm砲→20.3cm砲)
  • 対米空母同数主義に基く補助空母改装の検討

なお昭和10年2月に策定された昭和16年度戦時編制案においては、後に大和型戦艦となるマル3戦艦2隻は重高速戦艦として第二艦隊に配属されていることに留意。

脚注[編集]

  1. ^ 昭和16年度戦時編制案。昭和10年2月策定。防衛省戦史研究室所蔵資料。

関連項目[編集]

  • 戦備計画
マル臨 - マル急 - マル追 - マル戦

参考文献[編集]