マル1計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「①計画」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

マル1計画(まるいちけいかく)は、大日本帝国海軍の海軍軍備計画。正式名称は第一次補充計画であり、通称として○の中に数字を入れてマル1(まるいち)計画と呼ばれた。ロンドン海軍軍縮条約締結に対応した建艦計画の第一弾である。

計画内容[編集]

  • 計画年次
昭和六年度より同十一年度までの六ヵ年計画(航空隊整備計画は同十三年度まで)。
  • 計画概要
艦艇39隻建造、航空隊14隊整備。
  • 予算総額
艦艇建造予算:2億4708万円
航空隊整備予算:4495万6千円

艦艇[編集]

条約制限内艦艇[編集]

  • 巡洋艦 - 4隻(8500t、2483万3950円×4)
最上三隈鈴谷熊野
  • 駆逐艦 - 12隻(1400t、546万2500円×12)
初春 [II]、子日 [II]、若葉 [II]、初霜 [II]、有明 [II]、夕暮 [II]、
白露 [II]、時雨 [II]、村雨 [II]、夕立 [II]、春雨 [II]、五月雨
  • 潜水艦 - 9隻(巡潜:1900t、825万2600円×1、海大:1400t、642万5800円×6、中型:700t、415万3400円×2)
  • 伊六型(巡潜2型) - 1隻
伊6
伊68(伊168)、伊69(伊169)、伊70、伊71(伊171)、伊72(伊172)、伊73
呂33呂34

条約制限外艦艇[編集]

  • 敷設艦 - 1隻(5000t、627万5000円×1)
  • 敷設艇 - 3隻(600t、123万5000円×3)
夏島猿島那沙美
千鳥[II]、真鶴[II]、友鶴初雁
  • 第13号型
13号、14号、15号、16号、17号、18号、

航空隊[編集]

横須賀鎮守府管下[編集]

  • 横須賀(増設) - 239万0086円
  • 艦上攻撃機1隊(常用12・補用4)
  • 東京湾(新設) - 1276万0451円
  • 中型飛行艇2隊(常用8・補用4)
  • 大型飛行艇1隊(常用2・補用0)
  • 館山(増設) - 647万5294円
  • 艦上戦闘機半隊(常用6・補用2)
  • 艦上攻撃機2隊(常用24・補用8)
  • 大湊(新設) - 158万2026円
  • 水上偵察機半隊(常用4・補用2)

呉鎮守府管下[編集]

  • 広(新設) - 279万5317円
  • 艦上戦闘機半隊(常用6・補用2)
  • 九州方面(新設) - 1419万3015円
  • 艦上戦闘機1隊(常用12・補用4)
  • 艦上攻撃機2隊(常用24・補用8)
  • 水上偵察機半隊(常用4・補用2)
  • 中型飛行艇1隊(常用4・補用2)

佐世保鎮守府管下[編集]

  • 大村(増設) - 475万9811円
  • 艦上攻撃機2隊(常用24・補用8)

昭和八年度追加計画[編集]

マル1計画策定に際し、閣議決定で除外された艦艇の内、緊急性が高いと判断された艦艇3隻が昭和八年度計画(1500万円)にて追加された。

条約制限外艦艇[編集]

  • 駆潜艇 - 2隻(300t、152万5700円×2)
1号、2号

関連項目[編集]

  • 戦備計画
マル臨 - マル急 - マル追 - マル戦

参考文献[編集]