マルレーネ・デュマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マルレーネ・デュマス(Marlene Dumas 1953年8月3日 - )はアムステルダムの女性画家

人物[編集]

1953年南アフリカ共和国ケープタウンで生まれた。

1972年1975年ケープタウン大学で美術を学ぶ。

1976年1978年、オランダに渡り、ハールレムのアトリエ63で絵画を学ぶ。

1979年1980年アムステルダム大学心理学を学ぶ。

メディアに流通する写真や映像を題材に、生命のきらめきを感じさせるような独特の肖像画を描く。 性差別、性そのものをテーマとする肖像画をテーマとすることが多い。 自身の出身である南アフリカのケープタウンが人種隔離政策の下にあったこともあり、人種差別をテーマとした作品も描く。 また、写真家の荒木経惟の写真を扱った作品が日本ではよく知られている。 長谷川祐子によるインタビューの中で、自身の絵画の制作が映画監督と似た所があると述べている。


日本での主な展覧会[編集]

  • Marlene Dumas BROKEN WHITE(2007 東京都現代美術館)

参考[編集]

  • Marlene Dumas BROKEN WHITE」、淡交社、2007年

外部リンク[編集]