マルメ空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルメ・ストルップ空港
Malmö-Sturup flygplats
Malmö-Sturup Airport
Sturup airport.jpg
ターミナル
IATA: EMAICAO: ESMS
概要
空港種別 民間
運営者 Luftfartsverket
供給都市 マルメ
標高 236 ft / 72 m
座標 北緯55度31分48秒 東経13度22分17秒 / 北緯55.53000度 東経13.37139度 / 55.53000; 13.37139 (Stockholm-Bromma Airport)座標: 北緯55度31分48秒 東経13度22分17秒 / 北緯55.53000度 東経13.37139度 / 55.53000; 13.37139 (Stockholm-Bromma Airport)
地図
EMAの位置
EMA
スウェーデン内の位置
滑走路
方向 全長 表面
ft m
11/29 2,615 797×23 舗装
17/35 9,186 2,800×45 舗装

マルメ空港、正式にはマルメ・ストルップ空港: Malmö-Sturup flygplats: Malmö-Sturup Airport)はスウェーデン王国で5番目に離着陸数の多い空港マルメから約28 km (17.4 mi)、ルンドから約26 km (16.2 mi) の距離に位置する。オーレスン・リンク経由でコペンハーゲン中心部から約55 km (34.2 mi)、コペンハーゲン国際空港からは約47 km (29.2 mi) の距離にある。マルメ空港は、コペンハーゲン国際空港がストライキにより閉鎖された場合の代替空港ともなっている。

歴史[編集]

夜のマルメ空港と駐機するSASの旅客機

1923年以来地域の空港として使用されてきた旧態化したブルトフタ空港(Bulltofta Airport)を代替するために当初予測のほぼ2倍の約1億3,000万SEKの建設費をかけて1972年に完成した。新空港の建設は1960年代初めに計画された。ブルトフタの近くに都市部が拡張、接近し、新しくジェット旅客機が導入されてから近隣自治体から騒音公害への苦情が寄せられるようになり現行の空港の拡張は不可能であった。1970年に建設が始まり、2年後の1972年12月3日にマルメ空港は開業した。同時にブルトフタ空港は閉鎖されたが、マルメの航空交通管制(ATC)は1983年にマルメ空港内に移転するまで元ブルトフタ空港内に残されていた。

2005年から2008年頃に低価格航空会社の数社がコペンハーゲン国際空港に対抗してストルップ空港発のスウェーデンとデンマークの乗客を集客できると目論んだが、2007年秋にアイルランドの低価格航空会社ライアンエアーはマルメ空港発の全ての路線を廃止した。2008年中にデンマークのスターリング航空は、マルメ空港発ロンドン行、アリカンテ行、バルセロナ行、ニース行、フィレンツェ行の数路線を持っている。スターリング航空の全利用客の約6から7%をストルップ空港利用客が占めている[要出典]

運用施設[編集]

  • 旅客用ターミナル 1 搭乗用ゲート8基
  • 貨物用ターミナル 2
  • 大型機用駐機場 20

地上交通網[編集]

バス[編集]

  • マルメとルンドの市街地行の空港バス(Flygbussarna)が出ている。(各都市へ30便/日)マルメとルンドへの所要時間は約40分。そこからコペンハーゲンといった街には列車が便利である。(コペンハーゲンまでの所要時間は約80分)[1]

タクシー[編集]

  • 空港にはタクシー乗り場がある。マルメとルンドへの料金は固定で395 SEKである。

空港駐車場[編集]

  • 空港には短時間用と長期用の駐車場がある。短時間用の料金は20 SEK/時間で、長期用は180 SEK/日である。

列車[編集]

  • マルメ、コペンハーゲンとイースタッドと列車で結ぶ計画がある。

就航路線[編集]

航空会社 目的地
エア・スウェーデン(Air Sweden アルビール(Erbil
シャーム・ウィングス航空 ダマスカス
ディレクトフリグ(Direktflyg ボルレンゲ(Borlänge)、エーレブロ(Örebro
マルメ・アヴィエーション(Malmö Aviation ストックホルム・ブロンマ空港
スカンジナビア航空 ストックホルム・アーランダ空港
ウィズエアー ブダペスト、グダニスク(Gdańsk)、カトヴィツェ(Katowice)、ワルシャワ
ヴィーキング航空(Viking Airlines アルビール(Erbil)、Sulamaniyah[2]

チャーター便[編集]

ジェットX(JetX)、TUIフライ・ノルディック、トーマスクック・スカンジナビア航空(Thomas Cook Airlines Scandinavia)や時折その他スパンエアーユーロキプリア航空といった航空会社がスペインエジプトギリシャやその他の国々に向けてチャーター便を運航している。冬期にはトーマスクック・スカンジナビア航空とTUIフライ・ノルディックは、プーケットタイに向けて長距離便も飛ばしている。

貨物便[編集]

航空会社 目的地
エア・コントラクターズ(Air Contractors ヨンショーピン経由ウメオポステン用)
エアブリッジカーゴ航空(AirBridgeCargo Airlines モスクワ
アマポーラ・フリグ(Amapola Flyg ストックホルム(ポステン用)
ATRAN モスクワ(UPS用)
アイスランドエア・カーゴ(Icelandair Cargo シャーロット、ハリファックス、ニューヨークレイキャビク
パル(Pal ドバイクアラルンプール上海
SAS・カーゴ(SAS Cargo Group
TNT航空 グダニスクミンスクサンクトペテルブルクトゥルク
UPS航空(UPS Airlines オスロヘルシンキケルン/ボン
ウェスト・エア・スウェーデン(West Air Sweden オーフス(UPS用)、ストックホルム(ポステン用)

地上支援と給油[編集]

この空港で給油作業を実施しているのはマルメ・フュエリング・サービス(Malmö Fueling Services)1社である。同社はシェルスタトイルエアBPの塗装がされたタンクローリーを使用している。

事故と事件[編集]

  • 2008年1月28日にイージージェット便がフラップの故障によりマルメ空港に速度超過の状態で着陸した。この便はコペンハーゲン行であったが、マルメへの着陸を要請した。報告された負傷者はいなかった[3]

脚注[編集]

  1. ^ Resrobot, Swedish travel planner
  2. ^ Aer Olympic” (2010年6月1日). 2009年7月19日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ Flygplan med 146 passagerare fick nödlanda” (2008年1月28日). 2009年7月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]