マルトースα-D-グルコシル転移酵素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルトースα-D-グルコシル転移酵素
識別子
EC番号 5.4.99.16
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

マルトースα-D-グルコシル転移酵素(Maltose alpha-D-glucosyltransferase、EC 5.4.99.16)は、以下の化学反応触媒する酵素である。

マルトース \rightleftharpoons α,α-トレハロース

従って、この酵素の基質はマルトース、生成物はα,α-トレハロースである。

この酵素は異性化酵素、特にその他の基を移す分子内転位酵素に分類される。系統名は、マルトース α-D-グルコシルムターゼ(maltose alpha-D-glucosylmutase)である。トレハロースシンターゼ、マルトースグルコシルムターゼ等とも呼ばれる。この酵素は、デンプンスクロース代謝に関与している。

出典[編集]

  • Sugimoto T, Kurimoto M, Tsujisaka Y (1995). “Existence of a novel enzyme converting maltose to trehalose”. Biosci. Biotechnol. Biochem. 59 (11): 2189–2190. doi:10.1271/bbb.59.2189. 
  • Kurimoto M, Tsujisaka Y (1996). “Purification and properties of a novel enzyme, trehalose synthase, from Pimelobacter sp. R48”. Biosci. Biotechnol. Biochem. 60 (4): 640–4. doi:10.1271/bbb.60.640. PMID 8829531.