マルトデキストリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルトデキストリン
識別情報
CAS登録番号 9050-36-6
特性
化学式 C6nH(10n+2)O(5n+1)
外観 白色粉末
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

マルトデキストリン(Maltodextrin)は、食品添加物として用いられる多糖である。デンプンの部分的な加水分解によって作られ、クリーム色の吸湿性の粉末となる。マルトデキストリンは消化しやすく、グルコースと同じくらい速く吸収される。程よい甘みがあり、匂いはほとんどない。天然のソーダやキャンディを作るのに用いられる。

構造[編集]

マルトデキストリンは、様々な長さのD-グルコース単位で構成される。グルコースはα1,4-グリコシド結合で繋がっている。通常、グルコースの長さが3から19の混合物として得られる。

マルトデキストリンのデキストロース当量は3から20である(デキストロース当量が高いほど、グルコース鎖は短く、甘みや溶解度は大きい)[1]。デキストロース当量が20を超えるものは、ヨーロッパ連合合同関税品目分類表でグルコースシロップと分類され、デキストロース当量が10以下のものはデキストリンと分類される。

生産[編集]

マルトデキストリンはデンプンから酵素によって生産される。アメリカ合衆国では、通常トウモロコシのデンプンが用いられ、ヨーロッパでは小麦のデンプンが用いられる。小麦由来のマルトデキストリンは、グルテンによるセリアック病が懸念されるため表示が推奨されているが、実際にはタンパク質はほとんど除かれているため、グルテンはほぼ含まれていない[2]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Alternative carbohydrate sweeteners, Sugar Association
  2. ^ Maltodextrin at glutenfreeliving.com

外部リンク[編集]