マルテンサイト変態

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マルテンサイト変態(マルテンサイトへんたい、: Martensitic transformation)は、結晶格子の各原子拡散を伴わずに共同的に移動することにより新しい結晶に変わるという形式の変態をいう。このことから、マルテンサイト変態を無拡散変態ともいう。ドイツ冶金学者アドルフ・マルテンス英語版ドイツ語版が発見した。

マルテンサイト変態に関する諸現象には、温度依存性、時間依存性、応力依存性によるものが考えられる。マルテンサイト変態は可逆的であり、温度を下げてマルテンサイトを生成させたものを加熱してゆくと元の母に戻る。これを「逆変態」という。この逆変態は、マルテンサイト変態と同様の機構、すなわち拡散を伴わない剪断変形により起こるものである。

形状記憶物質(形状記憶合金形状記憶繊維など)は、この性質を応用したものである。

関連項目[編集]