マルティン・フェルカーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルティン・フェルカーク Tennis pictogram.svg
Martin Verkerk.JPG
マルティン・フェルカーク
基本情報
ラテン文字名 Martin Verkerk
フルネーム Martin Willem Verkerk
国籍 オランダの旗 オランダ
出身地 同・ライデルドルプ
生年月日 1978年10月31日(36歳)
身長 195cm
体重 89kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1996年
引退年 2008年
ツアー通算 2勝
シングルス 2勝
ダブルス 0勝
生涯通算成績 83勝107敗
シングルス 59勝70敗
ダブルス 24勝37敗
生涯獲得賞金 $1,564,520
4大大会最高成績・シングルス
全豪 1回戦(2003・2004)
全仏 準優勝(2003)
全英 2回戦(2004)
全米 2回戦(2003)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 1回戦(2004)
全仏 2回戦(2003・04・07)
全英 2回戦(2004)
全米 2回戦(2003)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 14位(2003年9月15日)
ダブルス 63位(2003年11月3日)

マルティン・ヴィレム・フェルカークMartin Willem Verkerk, 1978年10月31日 - )は、オランダ南ホラント州ライデルドルプ出身の男子プロテニス選手。2003年全仏オープンテニス男子シングルス準優勝者。身長195cm、体重89kg の長身を誇り、強力な弾丸サーブを武器にする“ビッグ・サーバー”タイプの選手である。シングルス自己最高ランキングは14位。

経歴[編集]

7歳からテニスを始め、1995年にオランダのジュニア大会の18歳以下の部で優勝。1996年にプロ入り。しかし、2003年までフェルカークは世界的には無名の選手だった。年頭の全豪オープンで1回戦敗退に終わった後、イタリアミラノの室内コートの大会でツアー初優勝を飾る。そして6月の全仏オープンでは、わずか3度目の4大大会出場であったが、世界ランキング74位のノーシード選手として勝ち進んだ。4回戦で当年度の全豪オープン準優勝者ライナー・シュットラードイツ)を破ると、準々決勝では1998年の優勝者カルロス・モヤスペイン)、準決勝ではギリェルモ・コリアアルゼンチン)に勝ち、初めての決勝戦に進出する。そこで、2年連続の決勝進出となった第3シードのフアン・カルロス・フェレーロスペイン)がフェルカークを待ち構えた。フェルカークはフェレーロに 1-6, 3-6, 2-6 のストレートで敗れ、1996年ウィンブルドンを制覇したリカルド・クライチェク以来となる、オランダ人テニス選手としての4大大会優勝を逃した。しかし全仏オープンの大会期間中に「124本」のサービス・エースを放った。

フェルカークは2004年7月にウィンブルドン終了後の試合でツアー2勝目を挙げたが、その後故障に悩んで試合から遠ざかり、オランダ代表として出場資格のあったアテネ五輪も断念した。その後、トーナメントに全く出場できないブランクが長期間続き、2007年から本格復帰を果たしたものの、2008年に現役を引退した。

オランダのプロテニス選手は“ビッグ・サーバー”タイプが多い。当地で最初の4大大会優勝者となったリカルド・クライチェクもビッグ・サーバーとして有名だった。赤土の全仏オープンではベースラインでのラリー勝負で忍耐力が要求される場面が多く、一発必中型のビッグ・サーバーの選手が活躍することは比較的少ない。それだけに、ビッグ・サーバーのフェルカークが全仏オープンで準優勝したことは鮮烈な印象を残した。

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 4回 (2勝2敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0-1)
テニス・マスターズ・カップ (0-0)
ATPマスターズシリーズ (0-0)
ATPインターナショナルシリーズ・ゴールド (0-0)
ATPインターナショナルシリーズ (2–1)
サーフェス別タイトル
ハード (0–0)
クレー (1-2)
芝 (0-0)
カーペット (1-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2003年1月17日 イタリアの旗 ミラノ カーペット (室内) ロシアの旗 エフゲニー・カフェルニコフ 6–4, 5–7, 7–5
準優勝 1. 2003年6月8日 フランスの旗 全仏オープン クレー スペインの旗 フアン・カルロス・フェレーロ 1–6, 3–6, 2–6
準優勝 2. 2004年5月2日 ドイツの旗 ミュンヘン クレー ロシアの旗 ニコライ・ダビデンコ 4–6, 5–7
優勝 2. 2004年7月12日 オランダの旗 アメルスフォールト クレー チリの旗 フェルナンド・ゴンサレス 7–6(5), 4–6, 6–4

ダブルス: 2回 (0勝2敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2002年9月15日 ウズベキスタンの旗 タシュケント ハード オランダの旗 レイモン・スライター 南アフリカ共和国の旗 デビッド・アダムズ
南アフリカ共和国の旗 ロビー・コーニング
2–6, 5–7
準優勝 2. 2003年3月9日 アメリカ合衆国の旗 デルレイビーチ ハード オランダの旗 レイモン・スライター インドの旗 リーンダー・パエス
セルビアの旗 ネナド・ジモニッチ
5–7, 6–3, 5–7

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2002 2003 2004 2005 2006 2007 通算成績
全豪オープン LQ 1R 1R A A A 0–2
全仏オープン LQ F 3R A A 1R 8–3
ウィンブルドン A 1R 2R A A A 1–2
全米オープン 1R 2R A A A A 1–2

外部リンク[編集]