マルティヌス・スクリブレルス回顧録

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マルティヌス・スクリブレルス回顧録』(Memoirs of Martinus Scriblerus)は、未完の風刺文学作品で、スクリブレルス・クラブの会員によるものとされているが、主にジョン・アーバスノットによって書かれた。

完成した唯一の巻は、1741年にアレクサンダー・ポープの「作品」の一部として出版された。「マルティヌス・スクリブレルス」はポープの偽名であり、これは後にジョージ・クラブの偽名としても使われた。