マルック・プセニウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
フィンランドの旗 フィンランド
男子 ノルディックスキー
ノルディックスキー世界選手権
1984 Engelberg 90m級団体

マルック・プセニウス(Markku Sakari Pusenius、1964年5月29日 - )はフィンランドラハティ出身の元スキージャンプ選手。1980年代に国際試合で活躍した。

プロフィール[編集]

1981年にナショナルチームに招集され、3月7日地元ラハティスキージャンプ・ワールドカップにデビュー、14位となった。

1982年ノルディックスキージュニア世界選手権で銀メダルを獲得、 翌1982-1983シーズンはワールドカップで自己ベストのシーズンとなった。1月9日のハラコフで自己最高位の2位、翌日も3位に入りシーズン総合21となった。

1984年のサラエボオリンピックでは70m級20位、90m級16位となり、直後に行われたノルディックスキー世界選手権(スイス、エンゲルベルク)では

ペンティ・コッコネンヤリ・プイッコネンマッチ・ニッカネンとともに金メダルを獲得した。

1985年ノルディックスキー世界選手権(オーストリア、ゼーフェルト)にも出場したが90m級35位、1986年3月2日のラハティスキーゲームズを兼ねた地元開催のワールドカップで12位となったのを最後に現役を退いた。

外部リンク[編集]