マルソデカラッパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルソデカラッパ
Calappa calappa front.jpg
分類
: 動物Animalia
: 節足動物Arthropoda
亜門 : 甲殻亜門 Crustacea
: エビ綱(軟甲綱) Malacostraca
: エビ目(十脚目) Decapoda
亜目 : エビ亜目(抱卵亜目) Pleocyemata
下目 : カニ下目 Brachyura
上科 : カラッパ上科 Calappoidea
: カラッパ科 Calappidae
: カラッパ属 Calappa
: マルソデカラッパ C. calappa
学名
Calappa calappa
(Linnaeus, 1758)

マルソデカラッパCalappa calappa) は、エビ目(十脚目)・カニ下目・カラッパ科に分類されるカニの一種。日本では相模湾以南の近海に生息するほか、西太平洋インド洋などに広く分布する。浅海の藻場サンゴ礁に生息する。

甲幅は13cm程度。甲の後側縁の張り出しが極めて強く、丸い蓋を上からかぶせたように体を覆っている。甲は滑らかであるが、単色のものと暗赤色の斑点があるものの2種がある。鋏脚は幅広く、普段は防御のため甲のない体の前部を覆い隠すようにしている。前から見ると両手で顔を覆って羞恥しているようにも見え、ユーモラスな姿である。

通常は目だけ出して砂にもぐっている。鋏脚で貝類の殻をくり抜くように切り開き、捕食する。

参考文献[編集]

  • 『カラー図鑑カニ百科』(成美堂出版 1995)