マルセロ・アギーレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
パラグアイの旗 パラグアイ
男子卓球
ラテンアメリカ卓球競技大会
2011 リオデジャネイロ シングルス

マルセロ・アギーレ(Marcelo Aguirre1993年1月21日 – )は、パラグアイアスンシオン出身の卓球選手[1]

略歴[編集]

2007年にはチリ・ジュニアオープンで優勝しており、2008年にはパラグアイ選手団の中で最も若い選手として15歳ながら北京オリンピックに出場、しかし男子シングルスの1回戦で北朝鮮ジャン・ソンマンにストレートで敗れた[1]

2011年のラテンアメリカ卓球選手権大会で決勝に進出したが、ブラジルグスターボ・ツボイに0-4とストレートで敗れて準優勝となった[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b sports-reference.com
  2. ^ Gustavo Tsuboi Turns the Tables, Extracts Revenge and Secures Gold” (2011年3月19日). 2012年11月25日閲覧。

外部リンク[編集]