マルセル・ヤコブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルセル・ヤコブ
Marcel Jacob
基本情報
出生 1964年1月30日
出身地 スウェーデンの旗 スウェーデン
ストックホルム県 ストックホルム
死没 2009年7月21日(満45歳没)
ジャンル ヘヴィメタル
共同作業者 ライジング・フォース
タリスマン
ラスト・オータムズ・ドリーム

マルセル・ヤコブMarcel Jacob1964年1月30日 - 2009年7月21日)は、スウェーデンストックホルム出身のベーシストイングヴェイ・マルスムティーンズ・ライジング・フォースのアルバム『マーチング・アウト』(1985年)で名を広め、脱退後は自ら結成したバンドタリスマンなどで活動した。

来歴[編集]

1979年からイングヴェイ・マルムスティーンライジング・フォースで音楽活動を開始。1982年に Force(後のヨーロッパ)、また Power などでも活動する。

再びマルムスティーンに招かれて1984年よりライジング・フォースに参加、翌年アルバム『マーチング・アウト』を発表する。続くツアーにも参加するが金銭問題により脱退。これに対するイングヴェイ・マルムスティーンの怒りから生まれた曲が「ライアー」(『トリロジー』に収録)である。 だがこの件で彼との交友関係が完全に途絶えたわけではなく、1996年に発売されたアルバム『インスピレーション』や、 1999年のFrankfurt music Fairやストックホルムでのシークレットライブ、2000年に行われたスウェーデンの短期ツアーなどにも参加している。 しかしこれも金銭問題などでまた揉める結果になってしまった。

2002年に、彼らがスウェーデン在住時に録音したとされる未発表曲のデモ音源集「Birth of the Sun」をリリース。 これに対してマルムスティーンは明らかな不快感を示し、同年に公式な未発表デモ音源として「The Genesis」をリリースし対抗する。 これによって、彼らの不仲は決定的なものとなってしまった。

1985年にライジング・フォース脱退した後スウェーデンに帰国してジャズ・ロックバンド Wasa Express による1986年の再結成ツアーに参加。 同年末、ヨーロッパを脱退したジョン・ノーラムのソロ・アルバム『トータル・コントロール』に全面参加し、ツアーも行う。しかしアルバム第2作目を制作中にマネージメントとの間に問題が発生し、これも長くは続かなかった。

しかしノーラムとの共同作業で生かされなかったマテリアルをヨラン・エドマンらと制作させる中で幸運にもジェフ・スコット・ソートとの再会を果たし、これがタリスマン結成となった。

その後はタリスマンやヒューマン・クレイなどジェフ・スコット・ソートとの活動を主軸に、ラスト・オータムズ・ドリームほか様々なプロジェクトで活躍していたが、2009年7月21日、自殺した[1]。まだ45歳という若さであった。追悼コメントを公式サイトに寄せたジェフ・スコット・ソートによると、数年前から健康上の問題を抱えていたとのことである。

ディスコグラフィ[編集]

タリスマン[編集]

ヒューマン・クレイ[編集]

イングヴェイ・マルムスティーン[編集]

ジョン・ノーラム[編集]

ラスト・オータムズ・ドリーム[編集]

その他[編集]

外部リンク[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ TALISMAN/Ex-YNGWIE MALMSTEEN Bassist MARCEL JACOB Dead At 45Blabber Mouth.net 2009年7月21日(英語)