マルセル・パニョル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルセル・パニョル
Marcel Pagnol
マルセル・パニョルMarcel Pagnol
1930年代
生年月日 1895年2月28日
没年月日 1974年4月18日(満79歳没)
出生地 フランスの旗 フランス オーバーニュ
死没地 フランスの旗 フランス パリ
国籍 フランスの旗 フランス
職業 映画監督脚本家
配偶者 シモーヌ・コリーヌ(1916-1941)
ジャクリーヌ・パニョル(1945-1974)

マルセル・パニョルMarcel Pagnol1895年2月28日 オーバーニュ1974年4月18日 パリ)は、フランス小説家劇作家映画作家である。

来歴・人物[編集]

1895年2月28日、フランス・ブーシュ=デュ=ローヌ県オーバーニュで生まれる。教員ジョゼフ・パニョルとお針子オーギュスティーヌ・ランソの長男として、マルセイユで、弟ポール、ルネ、妹ジェルメーヌとともに育つ。

幼少期に文字を読むことを覚え、父親が驚くほどであったが、母親は「脳みそが爆発するかもしれないと恐れたため」6歳になるまで本に触れることを許さなかった[1]。そのころ、オーバーニュ近くの丘の上にある、眠くなるようなプロヴァンス的な村落ラ・トレイユ[2]の家で家族といく夏も過ごした。

10歳でマルセイユの富裕層の子弟が通う名門リセの奨学金試験を受け、2番の成績で合格し入学をした。そこで生涯の友となるアカデミー・フランセーズ賞作家でユダヤ人のアルベール・コーエンと知り合う。15歳のとき、最初の戯曲を書き、父の歩みを追い、リセの英語教師となった。しかし、教師を辞めてパリへ行き、そのかわりに劇作に人生を注ぐことになる。最初の成人としての戯曲『名誉を売る商人』が上演されたのは1924年であった。1929年、『マリウス』をテアトル・ド・パリ座のために書いた。1931年に同作はパニョル自身の制作のもとに映画化される。

1916年、シモーヌ・コリーヌとマルセイユで結婚するが、父ジョゼフに不評であった[3]1945年、女優のジャクリーヌ・ブーヴィエと結婚する。

1946年アカデミー・フランセーズ会員に選ばれる。この栄誉を受けた最初の映画作家である。

1974年4月18日、パリで死去。79歳没。ラ・トレイユの市営墓地に、両親と弟、妻とともに埋葬されている。1918年に第二次マルヌ会戦で戦死した幼馴染のバティスタン・マニャン(自伝中の「ブロンのユリ Lili des Bellons」)も近くに眠る。

パニョルの小説『丘の泉』は、自身の映画『泉のマノン』二部作を、マノンの父の逸話を大きく加えて小説化したものである。この小説を、1980年代クロード・ベリが映画化(『愛と宿命の泉 フロレット家のジャン』、『愛と宿命の泉 泉のマノン』)し、国際的な評価を得た。

関連情報[編集]

1990年にパニョルの回想録『少年時代の思い出』の中から第二部・第三部を基に、イヴ・ロベール監督によって『プロヴァンス物語 マルセルの夏』、その続編の『プロヴァンス物語 マルセルのお城』が制作された。

書籍[編集]

フロレット家のジャン Jean de Florette
泉のマノン Manon des sources1964年、小説)

フィルモグラフィ[編集]

監督作

訳書[編集]

  • 『少年時代』 佐藤房吉評論社 のち評論社文庫全3巻
  • 『愛と宿命の泉』 佐藤房吉訳 評論社文庫全2巻、同上
  • 『「鉄仮面」の秘密』 佐藤房吉訳
  • 『笑いについて』 鈴木力衛岩波新書青版
  • 『批評家を批評する』 川俣晃自訳、岩波新書青版
  • 『トパーズ』、『マリウス』 永戸俊雄訳、白水社

脚注[編集]

  1. ^ Marcel PagnolBooks and Writers』、伝記映画『マルセルの夏」でも教室で預けられていただけで“La maman a puni son petit garçon qui n'était pas sage.”と父が書いたのを「お母さんは言うことを聞かない坊やをしかりました、なんて黒板に書いてあるのはウソだ」という場面が描かれている。
  2. ^ (フランス語) La Treille
  3. ^ www.marcel-pagnol.com

関連項目[編集]

外部リンク[編集]