マルコ・ドミニス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Markantun de Dominis.jpg

マルコ・アントニオ・ドミニスMarcus Antonius de Dominis (Marco Antonio de Dominis, Marko DominisMark Antun de Dominis), Arcivescovo di Spalato e apostata/Archbishop of Split and Dean of Windsor, クロアチア語Marko Domnianich/Domnjanić (Markantun de Dominis, Marko Antonije de Dominis), splitski nadbiskup, 1560年 ラブ島 Rab(アルベ島 Arbe)- 1624年)は16世紀から17世紀にかけてのアドリア海出身の哲学者科学者である。

アイザック・ニュートン1704年の著書「光学」のなかでドミニスのの研究を紹介したことで知られる。

来歴[編集]

1600年スパラート大司教パドヴァ大学教授になったが、のち英国国教会に改宗し、1616年からイギリスにわたり6年間そこにとどまり、ケンブリッジオクスフィードで教えた。

1617年、著作「De Republica Ecclesiastica」で教皇を非難。

1618年からディーン・オブ・ウィンザー(Dean of Windsor)。

ローマに戻り、英国国教会を捨てるが、異端審問で有罪になり、獄死した。著書は焚書された。

執筆の途中です この項目「マルコ・ドミニス」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。
執筆の途中です この「マルコ・ドミニス」は、哲学に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正して下さる協力者を求めていますPortal:哲学)。