マルコム・キャンベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Sir Malcolm Campbell

マルコム・キャンベル(Sir Malcolm Campbell 、1885年3月11日 - 1948年12月31日)はイギリスのレーサー、モーター雑誌記者である。1920年代、1930年代に自動車やモーターボートの速度記録を樹立したことで知られる。息子のドナルド・キャンベルも速度記録を樹立した。

ケント州のChislehurstにダイヤモンド販売者の息子に生まれた。ドイツでダイヤモンド売買を学んだが、オートバイや自動車レースに興味を持った。イギリスに戻った後、1906年から1908年の間にオートバイのレースで3回優勝した。1910年にレーシングカーの製作を始め、Haymarket劇場で見たメーテルリンクの青い鳥の劇を見た後、ブルーバードと名づけられた。第一次世界大戦中は空軍などで働いた。

1927年と1928年にはブガッティ T39Aで、グランプリで2回優勝した。1924年にCarmarthen Bay近くのPendine Sandsで、350馬力 V12サンビームを使って235.22 km/hの速度記録を初めて樹立した。1924年から1935年の間に9回の速度記録を樹立した。うち3回は、Pendine Sandsで、5回はデイトナ・ビーチで、最後の記録樹立は1935年9月3日に、アメリカのユタ州のボンネビル乾湖で行われ、時速300マイルをはじめて超えた301.337 mph (484.955 km/h)を記録した。また、1939年8月19日に水上速度記録、141.740 mph (228.108 km/h)を樹立した。

1931年、デイトナ・ビーチのBlue Bird

多くの速度記録に挑戦した人々が、事故で命を落としているのに対して、マルコム・キャンベルは63歳まで生きて心臓病で没した。1931年の速度記録樹立により、ナイト位を受けた。1990年にモータースポーツ殿堂入りをした。イギリス自動車クラブ(Royal Automobile Club)の、乗り物の分野で顕著な業績を上げたイギリス人に贈るシーグレーブ・トロフィーを1933年と1939年に受賞した。

関連項目[編集]