マルゲリータ・ゴンザーガ (1591-1632)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロレーヌ公爵夫人マルゲリータ、フランス・ポルビュス英語版

マルゲリータ・ゴンザーガ:Margherita Gonzaga, 1591年10月2日 マントヴァ - 1632年2月7日 ナンシー)は、イタリアマントヴァ公爵家の公女で、ロレーヌアンリ2世の2番目の妻。フランス語名はマルグリット・ド・ゴンザーグMarguerite de Gonzague)。

マントヴァ公ヴィンチェンツォ1世とその2番目の妻でトスカーナ大公フランチェスコ1世の娘であるエレオノーラの間の第4子、長女として生まれた[1]。母方の叔母マリーフランスアンリ4世の王妃だった関係で、ロレーヌ公アンリ2世との縁談が持ち込まれた。マルゲリータは1606年4月26日にナンシーにおいて、アンリ2世と結婚した。夫は1604年に最初の妻だったアンリ4世王の妹カトリーヌと死別しており、この結婚は再婚であった。

マルゲリータは夫から朝の贈り物ドイツ語版としてノムニー英語版侯爵領およびレトリクール英語版の所領を与えられた。マルゲリータは娘を2人産んだが男子を授からなかったため、1624年に夫が死ぬと、パリ宮廷に赴いて、長女のニコルがロレーヌ公爵家の家督を女子継承できるように運動したが、結局は成功しなかった。ロレーヌに戻ると所領のノムニーで隠居生活を送った。

子女[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Miroslav Marek (2003年10月15日). “Margherita Gonzaga(Gonzaga3:D4)”. genealogy.euweb.. 2012年10月6日閲覧。

外部リンク[編集]