マルクス・ヴォルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルクス・ヴォルフ

マルクス”ミーシャ”・ヴォルフMarkus Johannes "Mischa" Wolf, 1923年1月19日 - 2006年11月9日)は、ドイツ民主共和国(東ドイツ)の高級官僚。最終階級は大将[1]。在ソ時代は、ミハイルと呼ばれていたため、ミーシャという渾名(あだな)がある。

ドイツ民主共和国の情報機関である国家保安省(シュタージ)の対外諜報部門の長を30年以上に渡って務めた人物(在任期間1952年12月 - 1986年5月30日 )。伝説的なスパイ・マスターであり、在任時代は様々な諜報手法を駆使して西ドイツ防諜機関を完全に翻弄した。冷戦時代のスパイ小説などでは、しばしば敵役のモデルにもされている[2]

経歴[編集]

ソ連へ亡命[編集]

1923年、ドイツ南部のヘッヒンゲンに生まれる。ユダヤ人の父(フリードリヒ・ヴォルフ)は医者で、文学者としても知られ、共産主義者だった。マルクスは映画監督コンラート・ヴォルフの兄でもある。母親はユダヤ人で無いのでヴォルフ本人はユダヤ人では無いが祖父母にユダヤ人がいるものは「人種的ユダヤ人」と規定したナチスの迫害を避けて、1933年スイスを経てフランスに移住し、1934年にはソ連に移住した。

ソ連でヴォルフは、モスクワ航空大学に入った。1942年からコミンテルン第101破壊工作学校(バシキリア村所在)で破壊工作の訓練を受け、コミンテルン解散後は、対ドイツ工作のラジオ局「ドイッチャー・フォルクスゼンダー」(Deutscher Volkssender) の編集長・コメンテーターとなった。

1945年6月、「ミヒャエル・シュトローム」の偽名で東ドイツ(ソ連軍占領地域)のベルリン・ラジオの特派員となり、ニュルンベルク裁判を取材した。1949年11月、在ソ東独大使館一等参事官。

顔のない男[編集]

1951年8月、「経済学研究所」という偽装名称を持っていたシュタージの対外政治諜報部門に編入。1952年12月、同部門の長に任命。1958年、シュタージに、対外諜報を担当する「A」総局 (HVA)が創設され、「A」総局長兼国家保安省次官に就任。ヴォルフの指揮の下、シュタージは、世界有数の諜報機関に発展した。長い間、西側諜報機関は、誰がシュタージの対外諜報部門を指揮しているのか特定できず、1979年に彼の顔写真が東ドイツから逃亡した二重スパイによりBNDによって特定され、『デア・シュピーゲル』誌の表紙に載せられるまで、ヴォルフは「顔のない男」と呼ばれた。

その事に関してヴォルフはジャーナリストのガッド・シムロンに「何も隠れていたわけじゃない。本当言うと単に西ドイツの連中が馬鹿だった。何年も公的式典には参加していた。真ん中じゃなく端の方で。連中そっちは探さなかったんだ。」と告白している。諜報活動においてはヒューミントが最も重要であるとの持論を持っていた[3]。1982年にはヴォルフが弟コンラートの葬儀に参列している所を西ドイツの雑誌「シュテルン」のカメラマンに撮影されたが、そのネガはシュテルンの編集部から行方不明になっている。顔が知られてからは西側諸国への入国が困難になった。1986年5月30日、大将に昇進した後、シュタージを依願辞職。カール・マルクス勲章を受章。引退後は著述に専念し、最初の著書『トロイカ』を発表した。

晩年[編集]

アレクサンダー広場での50万人デモで演説するヴォルフ(1989年11月4日)

東欧革命の影響で民衆デモが頻発していた1989年11月、ベルリンアレクサンダー広場で行われていたデモに際して演説者として登壇し、東ドイツの改革を支持する一方で、シュタージの協力者を受け入れるよう要望したため、聴衆から不賛同の意を示す口笛を浴びせかけられた。SEDの改革派政治家として政界に入ろうとしたヴォルフの計画はこの一瞬にして頓挫した。ドイツ再統一後、ヴォルフはオーストリア、後にソ連に移住した。ソ連8月クーデター後にオーストリアに逃亡し、オーストリア当局に政治亡命を申請した。アメリカ中央情報局(CIA)はヴォルフに対し保護を申し出たが、ヴォルフは拒否して1991年9月に帰国し、国境でドイツ当局に自首、国家反逆の容疑で逮捕された。

フリードリヒスフェルデ中央墓地にあるヴォルフの墓

1993年末、懲役6年の判決を受けた。判決は、1995年に取り消された。1996年、著書の出版に合わせてアメリカ合衆国の入国ビザを申請したが、過去にテロ活動に従事していたという理由で拒否され、生涯アメリカに入国することは出来なかった。1997年、ドイツの裁判所により誘拐・傷害の罪で禁固2年を言い渡された。同年、ドイツ社会民主党の政治家ゲルハルト・フレーミングのスパイ容疑裁判で証言を拒否したため、法廷侮辱罪により3日間拘束された。

その後はドイツのベルリンに在住。引退後は、CIAモサッドMI6から顧問として招聘を受けたが、いずれも応じなかった。2006年11月9日に83歳で死去。遺体は火葬され、フリードリッヒスフェルデ中央墓地にある弟コンラートの墓に併せて埋葬された。

パーソナル[編集]

3度の結婚歴があり(最後の妻はアンドレア)、子供4人、孫11人、ひ孫2人がいる。孫には、ロシア式の名前をつけており、また、死の直前には破壊工作学校があったバシキリア(2004年と2006年に同地を訪問している)に別れを告げた。

シュタージ辞職後は文筆業に転じ『トロイカ』、『異国でのゲーム』、『自らの意思により』、『友人は死なず』等の著作を発表した。

死去した際、葬儀にはハンス・モドロウなど旧東ドイツ政府関係者やロシア政府代表、元HVA職員ら約1500人が参列し、彼を英雄としてたたえた[4]

関連資料[編集]

  • 熊谷徹 (著)、『顔のない男 東ドイツ最強スパイの栄光と挫折』、新潮社、2007年

脚注[編集]

  1. ^ 国家保安省は軍隊式の階級制度を採用しており、正規職員は陸軍と酷似した制服階級章を着用する事もあった
  2. ^ ジョン・ル・カレの小説に出てくる「カーラ」等
  3. ^ 『顔のない男 東ドイツ最強スパイの栄光と挫折』参照
  4. ^ 3と同じ

関連項目[編集]