マルクス・アントニウス・プリムス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Musée des Augustins - Marcus Antonius Primus.jpg

マルクス・アントニウス・プリムス(Marcus Antonius Primus, 30年/35年 - 81年以降没)は、ローマ帝国の軍人。四皇帝の年ウェスパシアヌスの盟友リキニウス・ムキアヌスの軍の一翼として活躍した。

ガリアのトロサ(現トゥールーズ)に生まれる。ネロの治世のときにローマへ移住、元老院議員となるが、遺書の改竄のかどで元老院議員から除名、ローマから放逐させられる。その後ガルバの元へ身を寄せ、第7軍団ゲミナの指揮官となる。

四皇帝の年、彼はウェスパシアヌスの最大の支持者となる。イタリアに進軍し、69年10月ベドリアクムの戦いウィテリウスの軍を打ち破り、同日クレモナを焼き討ちする。その後、アペニン山脈を横切りローマへ、抵抗を受けるが侵入する。この攻撃でウィテリウスは殺され、実質上彼はローマの支配者となった。元老院はコンスルの官職を与えようとするが、数日後にムキアヌスがローマに合流、彼はムキアヌスに服従を強いられるだけでなく、不名誉な扱いを受けてローマを去る事となる。その後の消息ははっきりしないが、時代が下ってマルティアリスが自らの作品で彼の名を言及している事から、ドミティアヌスの時代までは生存していたものと思われる。

後年の歴史家タキトゥスは、彼を行動においては勇敢、演説は雄弁、他者を憎悪にかき立てるのには巧みで、内乱、反乱の時代には隆盛で、強欲で浪費家、平和な時代には悪しき市民であり、戦争の時には軽んずる事のできぬ朋友であったと書いている。

 この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed (1911). Encyclopædia Britannica (11 ed.). Cambridge University Press.