マルガレーテ・フォン・ルクセンブルク (ハンガリー王妃)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マルガレーテ・フォン・ルクセンブルク:Margarethe von Luxemburg)またはマルガレーテ・フォン・ベーメン(同:Margarethe von Böhmen, 1335年 - 1349年)は、ハンガリー王ラヨシュ1世(後にポーランド王を兼ねる)の最初の妃。ハンガリー名はマルギト(Luxemburgi Margit)。神聖ローマ皇帝ボヘミア王カール4世と最初の妃ブランシュ・ド・ヴァロワフランス王フィリップ6世の異母妹)の長女。なお、死後に同名の異母妹(en, 1373年 - 1410年)が父カールと4番目の妻エリーザベトとの間に生まれている。また、ラヨシュ1世の父カーロイ1世の2番目の王妃ベアトリクスは大叔母に当たる(ラヨシュ1世の母は3番目の王妃エルジェーベトである)。

1342年に幼くしてラヨシュ1世と結婚した。1349年に14歳の若さで早世し、ラヨシュとの間に子供は生まれなかった。のち、1353年にラヨシュはボスニア太守の娘エリザベタ・コトロマニッチと再婚し、マーリア(ハンガリー女王)とヤドヴィガ(ポーランド女王)をもうけた。マーリアと結婚してハンガリー王となったジギスムントはマルガレーテの異母弟である。