マルガレーテ・フォン・バイエルン (1442-1479)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マントヴァ侯爵夫人マルガレーテ

マルガレーテ・フォン・バイエルンMargarete von Bayern, 1442年1月1日 ミュンヘン - 1479年10月14日 マントヴァ)は、ドイツバイエルン=ミュンヘン公爵家の公女で、イタリアマントヴァ侯フェデリーコ1世・ゴンザーガの妻。イタリア語名はマルゲリータ・ディ・バヴィエラMargherita di Baviera)。

バイエルン公アルブレヒト3世とその妻でブラウンシュヴァイク=グルベンハーゲンエーリヒ1世の娘であるアンナ(1420年 - 1474年)の間の第5子、長女として生まれた。1463年5月10日にマントヴァにおいて、フェデリーコ1世と結婚した。夫婦仲は良好だったとされ、またこの結婚はマントヴァ侯爵家とバイエルン公爵家の結びつきを強めるのに役立った。

マルガレーテが嫁いだマントヴァの宮廷は同じドイツ人の姑バルバラによって支配されており、マルガレーテは姑の意向に従う窮屈な生活を送った。夫や姑よりも早くに死去し、マントヴァのサンタンドレア教会Basilica di Sant'Andrea)に葬られた[1]

子女[編集]

夫との間に3男3女の計6人の子女をもうけた。

参考文献[編集]

  • Historischer Verein für Niederbayern, Landshut: Verhandlungen des Historischen Vereins für Niederbayern, Band 110-113, 1985, S. 128
  • I. Lazzarini, «MARGHERITA di Wittelsbach, marchesa di Mantova». In: Dizionario Biografico degli Italiani, LXX, Roma: Istituto della Enciclopedia italiana, 2008

脚注[編集]

  1. ^ http://www.royaltyguide.nl/families/wittelsbach/bavariakurfursten1.htm
  2. ^ Stammbaum der Familie Sforza unter http://www.genmarenostrum.com