マルガリータ・デ・ボルボン・イ・ボルボン=ドス・シシリアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルナニ公爵夫人マルガリータ

マルガリータ・マリア・デ・ボルボン・イ・ボルボン=ドス・シシリアスMargarita María de Borbón y Borbón-Dos Sicilias, 1939年3月6日 ローマ - )は、スペイン王女(Infanta de España)。前スペイン王フアン・カルロス1世の妹。儀礼称号はソリア公爵夫人(Duquesa de Soria)であるが、世襲爵位の第2代エルナニ公爵夫人(Duquesa de Hernani)の称号も有している。全名はマルガリータ・マリア・デ・ラ・ビクトリア・エスペランサ・ハコバ・フェリシダード・ペルペトゥア・デ・トドス・ロス・サントス(Margarita María de la Victoria Esperanza Jacoba Felicidad Perpetua de Todos los Santos de Borbón y Borbón-Dos Sicilias)。

スペイン王アルフォンソ13世の三男でスペイン王家家長のバルセロナ伯フアンと、スペイン王族・カラブリア系両シチリア王家家長カルロ・タンクレーディの娘マリア・デ・ラス・メルセデスの間の第3子、次女として生まれた。先天的に盲目である。

1972年10月12日にポルトガルエストリルで、医師のカルロス・スリタ・イ・デルガド(1943年 - )と結婚した。マルガリタは姉のピラールと同じく、結婚に際して王位継承権を放棄したが、継承権放棄の手続きは現行のスペイン憲法の公布以前に行われたものであり、また国会の認可を受けたものでもない。

1979年1月6日、カルロス3世の四男ガブリエル王子の最後の男系男子である、初代エルナニ公爵マンフレド・デ・ボルボン・イ・ベルナルド・デ・クイロス(Mafredo Luis de Borbón y Bernaldo de Quirós, 1889年 - 1979年)が死んだとき、遺言でマルガリータに自身の爵位を継がせたい旨の申し出があった。1981年5月27日、マルガリータは兄王フアン・カルロス1世の承認を得てエルナニ公爵位を相続した。

マルガリータは1989年に夫ともにソリア公爵夫妻文化財団を創設したほか、UNICEFマドリード代表団やスペイン・ハート財団の代表を務めている。

子女[編集]

夫のカルロス・スリタとのあいだに2人の子供がいる。子供たちには「グランデ」の称号が与えられている。

  • アルフォンソ・フアン・カルロス・スリタ・イ・デ・ボルボン(1973年 - )
  • マリア・ソフィア・エミリア・カルメン・スリタ・イ・デ・ボルボン(1975年 - )
先代:
マンフレド・デ・ボルボン
エルナニ公爵夫人
1981年 -
次代:
-
推定相続人:アルフォンソ・スリタ・イ・デ・ボルボン