マルガタクワガタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルガタクワガタ
保全状況評価
VULNERABLE (IUCN Red List Ver. 2.3 (1994))
Status iucn2.3 VU.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: 甲虫目 Coleoptera
亜目 : カブトムシ亜目 Polyphaga
上科 : コガネムシ上科 Scarabaeoidea
: クワガタムシ科
Lucanidae
: マルガタクワガタ属 Colophon
: マルガタクワガタ C. westwoodi
学名
Colophon westwoodi
Barnard, 1931 (1932)

マルガタクワガタ(Colophon westwoodi)は、甲虫目クワガタムシ科マルガタクワガタ属に属する、クワガタムシである。

形態[編集]

体長:21-26mm

  • この属の基準的存在で、大アゴは内歯と基部が合体したような形状である。
  • 昼行性・夜行性でもなく、朝や夕方に活動する。
  • 生息地はかなり厳しい厳戒態勢が張られているため、見つけたりするのは不可能も同然である。

分布[編集]

南アフリカケープ州・テーブルマウンテン

参考文献[編集]