マルカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルカ
Marka
مركا
マルカの町並み
マルカの位置(ソマリア内)
マルカ
マルカ
ソマリア内での位置
座標: 北緯1度42.89分0秒 東経44度46.2分0秒 / 北緯1.71483度 東経44.77000度 / 1.71483; 44.77000
ソマリアの旗 ソマリア
下シャビール州
人口
 - 計 約350,000人
等時帯 東アフリカ時間 (UTC+3)
メルカのミナレットと月。

マルカソマリ語:Marka。古ソマリ語ではMerkaもしくはMarcaとも)はインド洋に面したソマリア南部に位置する港町。下シャビールの主要都市で、首都モガディシュから約70キロメートル南西に位置する。メルカ

概要[編集]

2008年のエコノミスト「Country Profile 2008 Somlia」は、ソマリアの主要都市として、ハルゲイサベルベラキスマユと並べてマルカを挙げている[1]ソマリア内戦後は支配者が何度も変わっているが、2013年時点では、ソマリア政府軍の支配下となっている。

企業[編集]

歴史[編集]

マルカは地球上で最後の天然痘患者が出た場所であり、この病気はその患者アリ・マオウ・マーリン英語版と接触の疑いがあった54,777人にワクチンを打つことで撲滅された[2]

2002年2月のソマリア暫定国民政府英語版支配時期には、イタリアのNGO職員が殺害される事件がおきている[3]

2008年にはイスラーム武装勢力のアル・シャバブが占領した[4]。2009年時点では、首都モガディシュまでの道路を含めて、アル・シャバブ の影響力が強かった[5]。アル・シャバブの支配下となってからは、シャリーアに基づいているとされる厳しい政策が行われている。例えば2009年7月には近くの村ダンダベで起こった家畜泥棒の犯人に、マルカの裁判所は右手切断の刑罰を下している[6]。また、2009年8月には、金歯・銀歯がイスラームの法に反するとして、住民からこれを抜き取って没収する処置が取られている[7]。さらに2010年1月には国際連合世界食糧計画(WFP)の倉庫の食糧を焼き払っている[8]

アル・シャバブは2010年末頃から劣勢に転じ、重要都市を次々にソマリア政府軍に奪われている。2012年8月にはマルカもついにソマリア政府軍に奪われた[9]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

  • nw-merka.ch:2002年に作られたマルカを支援する団体。