マルア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Maroua
Marouaの位置(カメルーン内)
Maroua
Maroua
カメルーンにおける位置
座標: 北緯10度35分50秒 東経14度18分57秒 / 北緯10.59722度 東経14.31583度 / 10.59722; 14.31583
Country Flag of Cameroon.svg Cameroon
極北州
Diamaré
標高 384m (1,260ft)
人口 (2005)(Census)
 - 計 201,371人
市外局番 00237

マルアフランス語: Maroua)は、カメルーン極北州の州都である都市。

概要[編集]

フェルンゴ川とカリアオ川の低地沿いに展開しており、マンダラ山地の麓に位置している [1]

2005年の国勢調査によると人口は201,371人であり、綿花産業の集散地となっている。農業学校や民族博物館があり、近郊のサラクにサラク空港英語版が所在している。

カメルーン最北の都市であり、チャドの首都ンジャメナナイジェリアマイドゥグリ、南のガルアへと道路が通じる。市の北にはワザ国立公園英語版があり、南には軍事基地が所在する。町のスカイラインにはマルア山が卓越している。宗教ではイスラム教が優勢であり、なかでもスーフィズムがさかんである。

また、マルア大学英語版がこの地を拠点としている。

歴史[編集]

カメルーンとナイジェリアの海上境界線英語版を定めた、マルア宣言英語版がマルアで1975年6月1日に署名された。

2013年にはマラリアの流行が起き、1万以上の症例がマルアで報告された[2]

2014年4月4日、2人のイタリア人司祭とカナダ人修道女がマルア教区のチェレ(Tchéré)村で誘拐された[3]。彼らは5月31日から6月1日にかけての夜に解放された[4]

同年6月に「マルア中央市場に襲撃した憲兵」が40人をボコ・ハラムの構成員容疑で逮捕される結果を引き起こした[5]

気候[編集]

気候はサヘルのものであり、年間を通じて高温で乾燥している。 ケッペンの気候区分ではステップ気候(BSh)とサバナ気候(Aw)の境となっている。

Marouaの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 33.9
(93)
35.7
(96.3)
38.8
(101.8)
40.2
(104.4)
38
(100)
34.9
(94.8)
32.3
(90.1)
30.3
(86.5)
32
(90)
35.3
(95.5)
36.2
(97.2)
34.2
(93.6)
35.15
(95.27)
日平均気温 °C (°F) 26.1
(79)
27.8
(82)
30.9
(87.6)
32.6
(90.7)
31.1
(88)
28.8
(83.8)
27
(81)
25.7
(78.3)
26.6
(79.9)
28.2
(82.8)
28.3
(82.9)
26.3
(79.3)
28.28
(82.94)
平均最低気温 °C (°F) 18.4
(65.1)
20
(68)
23.1
(73.6)
25
(77)
24.2
(75.6)
22.8
(73)
21.7
(71.1)
21.1
(70)
21.3
(70.3)
21.2
(70.2)
20.5
(68.9)
18.4
(65.1)
21.48
(70.66)
降水量 mm (inch) 0
(0)
0
(0)
1
(0.04)
16
(0.63)
64
(2.52)
107
(4.21)
192
(7.56)
245
(9.65)
142
(5.59)
27
(1.06)
0
(0)
0
(0)
794
(31.26)
平均降雨日数 0 0 2 3 7 10 15 17 13 4 0 0 71
平均日照時間 9 9 9 8 8 8 6 6 7 8 10 10 8.2
出典 1: Climate-Data.org[6]
出典 2: Weather2Travel for rainy days and sunshine[7]

出身の著名人[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ “Maroua (Cameroon)”. Encyclopedia Britannica. (2013-09-18). http://www.britannica.com/EBchecked/topic/366040/Maroua 2014年6月29日閲覧。. 
  2. ^ Moki Edwin Kindzeka (2013年10月24日). “Upsurge of Malaria in Cameroon Town”. MALARIA.com - VOA. 2014年6月29日閲覧。
  3. ^ Piangiani, Gaia (2014年4月5日). “2 Italian Priests and a Canadian Nun Are Abducted in Cameroon”. New York Times. http://www.nytimes.com/2014/04/06/world/africa/2-italian-priests-and-a-canadian-nun-are-abducted-in-cameroon.html?_r=0 2014年6月29日閲覧。 
  4. ^ Kidnapped Italian Priests and Canadian Nun Freed in Cameroon”. NBC News (2014年). 2014年6月29日閲覧。
  5. ^ Cameroon: 40 Suspected Boko Haram Militants Arrested in Cameroon”. VOA News - allAfrica.com: (2014年6月24日). 2014年6月29日閲覧。
  6. ^ Climate: Maroua - Climate graph, Temperature graph, Climate table”. Climate-Data.org. 2013年11月11日閲覧。
  7. ^ Maroua Climate and Weather Averages, Cameroon”. Weather2Travel. 2013年11月11日閲覧。