マリー・ベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリー・ベル
Marie Bell
本名 マリー・ジャンヌ・ブロン
Marie-Jeanne Bellon
生年月日 1900年12月23日
没年月日 1985年8月15日(満84歳没)
出生地 ボルドー南郊、ベグル
国籍 フランスの旗
職業 女優
活動内容 演劇・映画
配偶者 ジャン・シュヴリエ
Jean Chevrier
主な作品
『フェードル』(演劇)
『舞踏会の手帖』(映画)

マリー・ベルMarie Bell 1900年12月23日 - 1985年8月15日)は、フランスの舞台女優、映画女優、劇場支配人。日本には、ジャック・フェデーの『外人部隊』、ジュリアン・デュヴィヴィエの『舞踏会の手帖』などの映画によって、知られた。

生涯[編集]

ボルドー南郊のベグルに生まれた。本名マリー=ジャンヌ・ブロン。父はフランソワ、母はマリーであった。

1913年、踊子をしている時、女優のコロンナ・ロマノ(Gabrielle Colonna-Romano)に勧められてフランス国立高等演劇学校(コンセルヴァトワール)を目指した、と言われる。

1921年 21歳、マドレーヌ・ルノーとともに一等賞でコンセルヴァトワールを卒業し、揃ってコメディ・フランセーズの準座員(pensionnaire)となり、1926年、ミュッセの『若い娘は何を夢みるか』で共演した。

1928年、正座員(sociétaire)に進んだ。1934年から、アンバサドゥール劇場(Théâtre des Ambassadeurs)を監督した。

ナチス占領期のコメディ・フランセーズで、1941年に『フェードル』のフェードル役を、1943年にポール・クローデルの『繻子の靴』のプルエーズ役を、勤めた。

1944年、パリ解放後、コメディ・フランセーズの運営委員会委員となった。1946年、同劇団の改革を不服として退団したが、1949年、名誉正座員(sociétaire honoraire)として復帰し、1954年まで定期的に出演した。

1962年 62歳、ジムナーズ座(Théâtre du Gymnase)の支配人となり、コメディ・フランセーズ時代からのフェードルを当たり役とした。アンドレ・マルローは、『マリー・ベルのフェードルを見る事は、フランスの本質を知る又とない機会だ』と激賞した。(1965年)

1969年、カンヌ国際映画祭の審査員を勤めた。

1985年、パリ西郊のヌイイ=シュル=セーヌに没。モナコの墓地に、夫のジャン・シュヴリエ(Jean Chevrier)と眠っている。シュヴリエ(1915 -1975)は、コメディ・フランセーズの正座員であった。夫妻で1968年に、映画『フェードル』を撮っている。ジムナーズ座は、『ジムナーズ・マリー・ベル』劇場となった。

ベルは1922年以降、約40本の映画に出演した。

舞台の記録[編集]

彼女の演目は、次の例示のように、古典から現代にまで広かった。

シェイクスピアの『アントニーとクレオパトラ』、コルネイユの『ル・シッド』、モリエールの『人間嫌い』、ラシーヌの『フェードル』、ヴィクトル・ユーゴーの『ルイ・ブラス』、ミュッセの『若い娘は何を夢みるか』(À quoi rêvent les jeunes filles)、アンリ・ベック(Henry Becque)の『鴉の群れ』(Les Corbeaux)、ロスタンの『シラノ・ド・ベルジュラック』、ポール・クローデルの『繻子の靴』、アンリ・ベルンスタン(Henri Bernstein)の『秘密』(Le Secret)、コクトーの『ルノーとアルミード』、ジャン・アヌイ(Jean Anouilh)の『囚人ありき』(Y avait un prisonnier)、ジャン・ジュネの『バルコン』。

コメディ・フランセーズ、制作座(La Théâtre de l'Œuvre)、アンバサドゥール劇場、マドレーヌ劇場(Théâtre de la Madelaine)、ジムナーズ座、サン=マロ演劇祭(Festival d'Art Dramatique de Saint-Malo)などに出演した。

日本に公開された映画[編集]

前の数字は初公開の、後の数字は日本公開の西暦年次である。

  • 1924、1928:巴里(Paris)
  • 1933、???? :装へる夜(L'homme a l'hispano)
  • 1933、1935:外人部隊(Le grand jeu)
  • 1937、1938:舞踏会の手帖(Un carnet de bal)
  • 1939、1940:幻の馬車(La charrette fantôme)
  • 1963、1967:いっちょう頂き(La bonne soupe)
  • 1965、1982:熊座の淡き星影(Vaghe stelle dell'orsa)

出典[編集]

いろいろなウェブ情報のほか、

  • パトリック・ドゥヴォー(伊藤洋訳)、コメディ=フランセーズ、文庫クセジュQ772、白水社(1995) ISBN 9784560057728
  • 中田耕治:ルイ・ジュヴェとその時代、作品社 (2000) ISBN 9784878933530
  • 鈴木信太郎:フランス座の俳優たち(「鈴木信太郎:記憶の蜃気楼、講談社文藝文庫(1991) ISBN 9784061961128」中の一篇)

外部リンク[編集]