マリー・フランソワ・クサヴィエ・ビシャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Marie François Xavier Bichat

マリー・フランソワ・クサヴィエ・ビシャ(Marie Francois Xavier Bichat、1771年11月14日 - 1802年7月22日)は18世紀のフランスの解剖学者生理学者である。『一般解剖学』を著し、人体に21種の組織を区別し、疾病は組織にあるという説をたてた[1]

生涯[編集]

ジュラのThoiretteに医者の息子として生まれた。モンペリエで数学を学んだ後、医学に転じた。1791年から1793年まで、リヨンのマルク・ペチ(Marc Antoine Petit)のもとで外科と解剖学を学んだ。フランス革命の間はリヨンからパリに逃れ、ピエール=ジョゼフ・デュソー(Pierre-Joseph Desault)の元で働き、Journal de Chirurgieの編集を行った。1796年に 、Sociéte Médicale d’Émulation de Parisを設立し、1797年から解剖学、生理学、外科の教育を始めた。1800年からパリ市立病院(Hôtel-Dieu de Paris)の医師を務めた。1802年に肺結核で死亡した。

業績[編集]

ビシャーは イタリアの解剖学者ジョバンニ=バッチスタ・モルガーニの後をうけて、600例の解剖にを行い、顕微鏡を使わない時代に体内の組織、21種類を発見し、疾病が、個別の組織を攻撃するという説をたてた。後に、ルドルフ・ウィルヒョウが開くの細胞病理学の基礎を築いた。

著書[編集]

  • Traité des membranes en général, et de diverses membranes en particulier
  • Anatomie générale appliquée à la physiologie et à la médecine(『一般解剖学』)
  • Recherches physiologiques sur la vie et la mort

参考文献[編集]

  1. ^ 医学の歴史小川鼎三 中公新書