マリー・フォン・プロイセン (1825-1889)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プロイセン王女/バイエルン王妃マリー

マリー・フォン・プロイセン(Marie von Preußen, 1825年10月15日1889年5月17日)は、プロイセン王国の王族。プロイセン王子ヴィルヘルムの四女で、バイエルン王マクシミリアン2世の王妃となった。全名はマリー・フリーデリケ・フランツィスカ・ヘートヴィヒMarie Friederike Franziska Hedwig)。

1825年10月15日プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム2世の第4王子ヴィルヘルムヘッセン=ホンブルク方伯フリードリヒ5世の娘であるマリアンネの間に第八子(末子)としてベルリンで生まれた。1842年に当時バイエルン王太子だった後のマクシミリアン2世と結婚。夫が1848年に国王に即位したことに伴いバイエルン王妃となる。1864年に夫が歿して長男ルートヴィヒ2世が即位するとマリーは王太后となった。

マリーは1889年5月17日ホーエンシュヴァンガウ城で死去し、ミュンヘンテアティナー教会に葬られた。

子女[編集]

夫であるマクシミリアン2世との間には以下の二男をもうけた。

外部リンク[編集]